あなたに合った育毛剤は?育毛方法は?

つむじの薄毛を改善させるために育毛剤なんかを使ってみようと思っても、世の中にはたくさんの育毛剤や育毛方法があるのでいざ購入するとなるとどれを選んだら良いのか迷ってしまうんですよね。

そこでこのページでは、あなたにあった育毛剤や育毛方法がどれなのか?ということを一覧にして簡単に選べるようにしたいと思っています。髪の毛の悩みとか普段の生活に合わせて以下の目次から選んでみてくださいね。

10代・20代でつむじが薄い人

10代とか20代でつむじが薄い状態になっているという人の場合には、将来的なことも心配ですが今育毛にかけられる予算があまりないということも問題なんですよね。

特に大学生くらいだとそんなに自由になるお金もないでしょうから、育毛剤に毎月5千円も1万円もかかってしまうというのは正直言ってキツイと思います。もちろんお金持ちだとかめっちゃバイトしてるとかだったら問題ないんですが・・・。

将来的な費用負担減にも良い

冷静になって考えるとわかるんですが、早い段階で抜け毛治療を始めるのと手遅れになりかけてから抜け毛治療を始めるのとではトータルでかかる費用がかなり違ってきます。発毛クリニックに通ってつむじとかの薄毛を回復させることができたとしても(ものすごく効果が高いものがあったとしても)、薄毛の進行度合いによってはかなり時間もお金もかかりますよね。

10代・20代だと生活習慣の改善を併用して回復も

10代・20代の方には金額的なことよりもむしろこっちの理由を重視して欲しいんですけど、とにかくこの年代では生活習慣が乱れていることによって抜け毛が発生しているって言うことが大多数なんですよね。

遺伝的な不安を抱えている人もいるでしょうけど、さすがに薄毛が遺伝するとしても10代で抜け毛が多くなるっていうのは早すぎです。20代後半くらいだったら遺伝の影響も徐々に出てくると思いますが。

なので、若い人の場合には育毛剤を使いながら生活習慣を改善していくだけでつむじとかの薄毛が気にならなくなる、せめて踏みとどまれる人が多いはずです。毎月の数千円とかも普段の栄養摂取のプラスアルファのような物ですし。育毛剤購入でサプリメントをサービスしてくれるということもネット通販では多いですよ。

また、育毛剤ではなく医薬品での治療を始めるという方法もあります。
⇒ 薄毛治療・抜け毛治療の【ヘアメディカル】
育毛剤だと「全然生えない」ということがありますが、病院で処方してもらった薬の場合には全く効果がないという確率はかなり下がりますね。

遺伝的に将来が心配な人

家族がみんなハゲているとか、父方の祖父が薄毛で母方の祖父も薄毛とか、髪の毛の遺伝的な要因に怯えて暮らしている(そんでもって最近自分も薄くなってきた)という人の場合には、当然抜け毛対策をする必要があると思います。

放置しておいたら遺伝によってハゲていってしまうわけですから。ただ、だからといって副作用の出る可能性があるプロペシアとかミノキシジルは使いづらいという人も多いでしょう。勃起不全とか男としては致命的だと思います。

そこで、クリニックなどの通院は最後の手段として、ヤバい状態になる前に一度カウンセリングを受けてみるというのがいいんじゃないでしょうか。
 
抜け毛に悩む人のための無料カウンセリング
⇒ 薄毛治療・抜け毛治療の【ヘアメディカル】

薄毛の遺伝は100%ではない

仮に父方の祖父と母方の祖父が両方共薄毛だとしても、あなたに薄毛が100%遺伝するとは限りません。なので、まだ全然薄毛の兆候がないっていうんだったら別に慌てて育毛剤を購入する必要はないと思います。

育毛剤を購入する必要があるのは「既に薄毛の兆候が出ている人」ですから、ただ漠然と不安だ、というのであれば無理しなくてもいいんじゃないかな~・・・と販売会社の人が聞いたら怒りそうな事を指摘しておきます(汗)

祖父や曽祖父と同じような髪の毛の抜け方をしはじめてきた、なんて言う場合には遺伝の可能性が高いですからこの育毛剤でいいんじゃないかと思います。

飲むタイプのサプリメントがいいという人

育毛剤には大きく分けて2つの種類があります。

1.飲むタイプの育毛剤(サプリメント)
2.頭皮に塗るタイプの育毛剤(スプレータイプなど)

飲むタイプの育毛剤の場合には、とにかく手軽で簡単というメリットがありますね。また、数秒で飲めるわけですから誰にも気付かれずに育毛をスタートさせることができます。

⇒ 飲むタイプの育毛剤『BOSTON』

デメリットとしては、頭皮に塗るタイプとは違って直接髪の毛とか頭皮とかに成分を与えるわけではないという部分があるでしょう。普通の食事と同じように体の中から徐々に変化させていくといった感じですので時間がかかる人もいるかと。また、育毛剤や育毛サプリは副作用の可能性があります。

頭皮に塗るorスプレータイプの育毛剤がほしい人

サプリメントタイプではなく頭皮に塗るタイプの育毛剤を使いたいという場合には、育毛成分のしっかりしたものを使う必要がありますね。

⇒ スプレータイプの育毛剤

こっちは上記で紹介したサプリメントタイプと違って洗面所とかで塗っていると家族に見つかってしまう可能性もありますが、別にそれでも構わないとか今さら隠すものでもないというのであれば直接頭皮に塗布できるというメリットを享受するべきでしょう(隠れて使えるならそれに越したことはありません)。

注意点としては頭皮に直接塗るものですから気になる部分だけではなく頭皮全体に塗ること・適度にマッサージして浸透させることが挙げられます。

育毛シャンプーだと頭皮のかゆみとかフケを防ぐという程度のものでしかないですが、育毛剤だと効果効能としてちゃんと育毛や発毛促進が考えられているというのがメリットなわけです。

育毛剤を使ってみたいけど効果が出るか不安な人

抜け毛は気になるんだけれども、本当に育毛剤で効果が出るのかどうかが不安だ。高いお金をかけて髪の毛が生えなかったら大損だ。

こういった考えを持つっていうのは薄毛で悩んでいる人にとっては極めて自然なことです。お金を払ってるのに全然生えないとかほぼ詐欺ですからね。

そういった悩みを抱えているあなたの場合には、この育毛剤を使ってみるのが良いのではないかと思われます。

⇒ 効果が出るかどうか不安な人のための販売システム

リンク先の説明を読んでもらうと、なぜ「効果が出るのか不安な人向け」なのかがわかると思います。

育毛剤を安く買い続けたい人

とりあえず育毛剤を使いたいんだけれども、毎月購入するわけだからなるべく安く買えるものがいい・・・という場合にはウェブ通販サイト上で用意されている定期購入コースを使うといいでしょう。

⇒ 定期購入コースが用意されている育毛剤

一応このページで紹介している育毛剤では定期購入コースは用意されていますから、元の値段と割引率を見比べて購入すると良いですね。

ドラッグストアとかで購入できる育毛剤の場合には、毎月買ったからって安くしてくれるわけではないのでこの定期購入コースでの割引はネット通販を使う時の最大のメリットと言ってもいいかもしれません。

育毛剤のように毎月多額の購入ができない・したくない人

『10代・20代でつむじが薄い人』の部分でも触れましたが、毎月育毛剤に使える金額がそれほど大きくない、という場合にはとにかく年間通しての費用を小さく抑えていく必要があります。(というか人生通しての育毛費用ですが)

ということでやはり毎月の出費を抑えたい人の場合には育毛剤ではなく『極楽育毛革命』(育毛マニュアル)を購入するのが良いと思われます。最初の1ヶ月だけは普通の育毛剤を買うよりも出費が大きくなりますが、そこは何とか節約してお金を用意してください。

大体の計算になってしまいますが、毎月5千円かかる育毛剤・毎月1万円かかる育毛剤と比較してみましょう。

極楽育毛革命の場合
1年間 20000+2000×12=44000
3年間 20000+2000×36=92000

毎月5千円かかる育毛剤
1年間 5000×12=60000
3年間 5000×36=180000

毎月1万円かかる育毛剤
1年間 10000×12=120000
3年間 10000×36=360000

こうやって考えてみると結構な差が出てくるのがわかると思います。また、極楽育毛革命の場合には薄毛の改善に成功すればその後は毎月の費用を削っても大丈夫になるっていうのが大きいですね。3年間だったら上の例よりも安く済む人がほとんどでしょう。

ちなみに、毎月1万円かかる育毛剤では3年間で36万円の出費ということになりますが、実はこれってそんなに高いわけじゃないんですよね。テレビでCMを打っているような有名な所に行くと、最終的に何百万円もかかったという話がザラですから(汗)

ただし、極楽育毛革命を利用する場合には、低価格で済む分結構な根気が必要になります。毎日何十分もかけてケアするのが面倒くさいとか時間がないという場合には普通に育毛剤を使った方がいいんじゃないかと。

とにかく髪の伸びが悪い人

ハゲとか薄毛とかって言うことよりも、つむじ周辺の髪の伸びが悪いことで悩んでいる人もいるのではないでしょうか?なぜか髪の毛の伸びるスピードが遅くて、カットする度に微妙な調節が必要だとか面倒臭い注文をしなければならないとか。

この場合にはそれほど高くない育毛剤を使ってもらうといいと思います。上でも紹介している極楽育毛革命の場合にはどちらかというと頭髪全体の回復をさせたい人向けなんですが、つむじ周辺の髪の毛がいまいち伸びないという場合には一部分の集中ケアをできた方がいいと思うので。

ミノキシジルを使ってみたいんだけれども副作用があるので心配・・・という人はこちらの育毛剤を使ってみるといいかもしれません。ただ、これは当然なんですけどミノキシジルよりは若干効果が落ちるというか効果が出始めるまでの時間がかかるようです。

⇒ 「副作用のない」育毛剤

添加物不使用のものを探している人

頭皮に塗るタイプ・スプレーするタイプの育毛剤を使いたいという時に気になるのはやはり育毛剤に含まれている添加物ですよね。

どれだけ育毛効果が高いとしても、健康被害が出るとか副作用があるとか、一時的には髪の毛が生えるとしても数年後にはまた抜け毛が増えるなんて言う育毛剤だったら使いたくありません。

こういった問題は添加物を多く使用している育毛剤には有りがちなんですけど、何で添加物を使用しているかって、主に「いい香りにして育毛剤の評判を上げたい」「サラサラな手触りにして育毛剤の評判を上げたい」みたいな理由があったりするんです。

でも、使用する我々にとっては正直言ってそんな香りとか手触りなんてどうでもいい事です。髪の毛が生えるのか?後から副作用は出ないか?ということが全て。

そもそも育毛剤で添加物の有無を考えなければならないという時点で何かおかしいような気がするんですけどね。第一、頭皮に悪い以前に香料なんかが入っていたら育毛剤を使ってることが周囲にバレるじゃないですか・・・。

どうしても香りが良くて使い心地が良い育毛剤じゃないと嫌だ!という人は、このページでは紹介していない添加物たっぷりの育毛剤をどこかで購入してください。そして後から悩んでください。

家族に育毛剤を使っていることを知られたくない人

家族相手だと薄毛になってきている事自体よりも、育毛剤を使っているという事実を知られるということの方が恥ずかしかったりもします。

彼女がたまに家に来るとか、同棲中だなんていう場合には育毛剤を毎日使っているなんて絶対に知られたくないわけで・・・。

育毛剤のサイズを計測してこちらのページで写真を公開しておいたので、どこか隠す場所とかを検討してから購入してみてください。

⇒ こちらの育毛剤

家族や彼女にバレないかどうか心配しながら育毛するっていうのは思った以上にストレスになります。そんなストレスによって逆に抜け毛が増えてしまうなんてことのないようにしたいものですね。

5αリアクターゼが気になる人

ジヒドロテストステロンを作り出す5αリアクターゼを抑制したい、という場合には抑制専用の成分が配合されているBUBKAを使うと良いでしょう。

⇒ BUBKA

これらの育毛剤に配合されている成分の中にオウゴンエキスというものがあるのですが、これは5αリアクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させるのを抑制させる働きを持っています。

髪の毛が細いまま抜けてしまう人

上記の5αリアクターゼが気になる人と同様、上記の育毛剤では髪の毛が生えてから抜け毛になるまでの期間を引き伸ばすことができるようです。

ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を妨げるのでこれが発生しないように働きかけることができれば(最終的には)同じ抜け毛になるとしても細い状態ではなくちゃんと太い髪の毛にまで成長してからになる、というわけです。

普段の生活習慣が悪い人

これについてはある意味つむじとか前頭部とかが薄毛になってしまっている原因がわかっているわけですから、育毛剤よりもむしろ生活習慣を改善していくシステムを自分の中で取り入れた方がいいと思います。

もちろん可能であれば育毛剤を使いながらだと効果は高くなるんじゃないかな・・・と個人的には考えています。自分の普段の生活とのバランスを取る必要がありますね。

 

このページの先頭へ