分け目の頭皮が見える人は今改善しておかないと後悔するよ!

頭皮が見えてしまっている場合の改善方法としては、専門家の無料カウンセリングを受けて方針を聞いてみるというのが最も確実性が高いですね。

無料カウンセリング ⇒ 薄毛治療・抜け毛治療の【ヘアメディカル】

適当に自分で「髪の毛に良さそうな方法」を考えて実践してみても、なかなか育毛の役には立たないというのが実際の所です。

それよりは1年中薄毛の悩みと向き合っている専門の医師からの指導を受けたほうが手っ取り早いでしょう。無料カウンセリングの後は毎月数万円がかかることになりますけど、育毛サロンのような所で数十万数百万という費用をかけるよりは安上がりですね。

リンスやトリートメントの使い方

分け目の頭皮が見えるくらいの状態になってしまっている人が気をつけたいのが、リンスやトリートメントの使い方。どうしても薄毛になってきて地肌が直接見えたり触れるようになったりする状態だと、リンスとかトリートメントが直接頭皮についてしまいがちです。

なるべくだったら頭皮につかないように、髪の毛だけにリンスやトリートメントは使用してください。これらの成分は頭皮についてしまうと皮膚呼吸ができなくなる場合もありますから、育毛・増毛という点ではあまり良いことがありません。

一般的に、女性は「そんなにお湯を無駄遣いするな!」って言いたくなるくらいしつこくシャンプーやリンスを洗い流しますが(それでもうなじに泡が残っていたりもしますけど)、男性の場合には結構シャンプー後のすすぎが適当だったりします。

お風呂自体そんなに好きではないからさっさと上がりたい、さっさと上がってビールでも飲みながら今日のスポーツニュースでも見てくつろぎたい・・・という気持ちが強くてさっと洗うだけで終わってしまうことも多いでしょうけど、頭皮や毛穴に残ったシャンプーやリンスは直接抜け毛の原因になりますからご注意を。

亜鉛を摂取してみる

頭皮が見えるくらい分け目がはっきりしているという男性の場合には、亜鉛の補給量が不足しているという可能性もあります。特に普段の食生活で結構ちゃんとしたものを食べているという人は要注意ですね。

髪の毛はケラチンというタンパク質によって作られているんですけど、このケラチンを体内で合成するために必要となるのが亜鉛なんですよね。そのため、亜鉛不足はケラチン不足に繋がり、ケラチン不足は髪の毛が生えないとか太くならないとかっていう結果を招きます。

亜鉛というのはちゃんとした量が含まれている食材が非常に少なく(牡蠣とかレバーくらいでしょうか)、自炊していても外食していてもどうしても必要な摂取量に届かないということが大半です。そのため、亜鉛を効率良く摂取しようと思ったら食事から摂るよりもサプリメントを利用した方がはるかに効率が良かったりもするんですよね。

亜鉛をサプリメントから摂取する場合にはマルチビタミンとかよりも牡蠣から精製したサプリメントなんかを使った方がより多くの亜鉛を補給できるのではないかと思います。値段的にちょっと高いのが問題ですけど。

⇒ 広島県産の牡蠣エキスサプリメント【海乳EX】

分け目の頭皮が見える場合の髪型

分け目がスカスカになってきて頭皮が見えるのが気になるとか、好きな女性がいるんだけれどもハゲていると思われたくないなんていう場合には、思い切って髪型を変えてみるというのも一つのハゲ隠しの方法だと思います。

特に20代や30代の若い時期には男女とも見た目が重要視されるというか、見た目が良ければモテるし悪ければモテないというストレートな基準がありますから。生え際が後退してるとヤバいですよね。

すでに結婚しているというのであれば自分で見た目が気になって嫌な気分になるものなのですが、独身の場合にはそれに加えて女性にどんな目で見られているだろうか?髪の毛が薄いのが原因で付き合えなかったりフラれたりということにはならないだろうか?とかって悩むことになりますから(もちろん既婚者でもこういった悩みを抱えている人はいると思いますが)。

さて、分け目をしっかりと付けなければならないような髪型にしているから分け目の頭皮が見えたりスカスカなのが気になったりするわけで、ある程度髪を短めにカットしてしまえば分け目部分ができませんから頭皮が見えて他人の視線を気にすることも少なくなるのではないでしょうか?

また、分け目部分ができてしまう髪型っていうのは、結局そこの頭皮部分が髪の毛によって引っ張られる形になり頭皮の細胞がダメージを受けたり死滅してしまったりして薄毛になったりスカスカになったりしてしまいます。そういう形での抜け毛・薄毛を防ぐためにも今までとは違った髪型にするというのは効果的なことだと思いますよ。

【参考】

以前の記事で「夏から秋にかけて抜け毛・細毛・切れ毛が増える原因」について書きました。その中では以下のようなものが頭皮や髪の毛のダメージの原因となっている、という話でしたね。

・夏の間に頭皮が疲れてしまっている
・元々薄毛の人は、よりダメージが大きい
・海やプールに入る機会が多い
・夏特有の栄養不足

具体的にどういった対策を取ることによってこれらの原因を軽減できるか、ということについて考えていこうと思います。

○紫外線から受けるダメージを減らす

夏の間はどうしても紫外線を浴びる時間が長く、その強さも冬と比較してヒドイものになるわけですが、もうこれは一生懸命工夫して回避するしかありません。

  • 帽子をかぶる
  • 外出時に帽子をかぶるっていうのが不自然な格好ではないのであれば、これが一番簡単な紫外線対策といえるでしょう。普段はあまりオシャレをしないのでいきなり帽子をかぶるのが恥ずかしいという男性が多いのですが、最初の一回だけですから思い切って帽子を購入してみてはどうでしょうか。

  • タオルをかぶる
  • 海にいる時間とかテーマパークにいる時間とかには「帽子をかぶる」ことが恥ずかしい男性であっても「タオルをかぶる」ことで代用できますよね。そういったアウトドア的な場所であれば帽子ではなくタオルをかぶっているのもごく自然なことですから。私も嫁が髪の毛を心配してうるさく言うのでディズニーリゾートなどのテーマパークではタオルをかぶるようになりました・・・

  • 外出を控える
  • 仕事で外出しなければならないというのであればちょっとこの対策は不可能なんですが、極力ムダな外出を控えるっていうのは単純に紫外線を浴びる量を減らす上では有効でしょう。つむじが薄くなってきているという人はなるべく明るい時間に外に出たくないので、日中は家の中で過ごして夜になってから用事を済ましに出かけるという人も多いようです。

  • 屋根のある場所を歩く
  • 仕事中に外に出なければならないとか(そういう時に限って真っ昼間なんですよね)、買い物や遊びに出かけたりするときとかには極力屋根のある場所の下を歩いた方がいいでしょう。ちょっとの差が何年も立ってから出てこないとも限りません。雨が降ったら軒下を歩くように、晴れている日でも屋根の下を。電車を使う場合であっても極力地下鉄を利用するようにすればなお効果的。

○海やプールに入る機会が多い場合

海やプールに行く機会が多く、塩分や塩素で髪の毛と頭皮がダメージを受けやすいという場合には・・・海にもプールにも行かないというのは無理でしょうから水から上がった後のケアをするのが一番大事ということになるでしょう(もちろん遊んでいる時の紫外線対策も重要ですよ)。

何も考えてない人っていうのは結構シャワーを浴びるのを雑に済ませがちだったりするんですけど、ここでちゃんと髪の毛や頭皮についた塩分・塩素・その他の汚れなどを洗い流しておくっていうことが必要になります。海水に含まれる塩分が抜け毛や細毛を誘発するっていうのは、海水が乾くと髪の毛や頭皮に塩の結晶が残った状態になってしまうわけで、その結晶が頭皮や髪の毛を傷つけてしまうからなんですよね。

プールの塩素で髪が傷んだり色素が抜けたりするのには個人差があるのですが、しっかりと泳いだ後のシャワーを浴びて下さい。公営プールなんかに行くとほとんど「かける程度」でシャワーを済ませているオッサンが多いです。まぁ泳ぎ終わった後のシャワーを適当に済ませてハゲるのはオッサンの勝手なんですが、プールに入る前のシャワーを適当に済ませるのは超超超プールが汚れるのでやめて欲しいですよね(そしてその汚れた水を回復するためにさらに塩素が投入される・・・)。

○夏特有の栄養不足

夏になると夏バテとまでは行かなくても食欲が落ちて冷たいものや簡単なものばかりを食べてしまい、それが抜け毛や細毛・切れ毛に繋がってしまうという人は多いのですが、ある程度栄養摂取にも気を付けておかないとやはり秋口に髪の毛がスカスカという事態を招きます。

とは言っても猛暑の中ちゃんとした栄養摂取・・・というのは難しいですよね。そこでですね、「元気な状態の時にガッツリ食べる」という方法はどうでしょうか?

普通だったら「毎食しっかり食べ、食欲のない時こそ・・・」というのが常識人の発想だと思いますが、食欲が無いのにちゃんと食べるのは無理だと思います。だから、体調が良い時とか朝の涼しい時間帯とか、食べられる時にしっかり食べておく(貯めておく)みたいな栄養摂取も必要なんじゃないでしょうか?

食べたくない時に無理するよりは、食べれる時に無理したほうが多少はストレスが少ないと思うのですが・・・。

帽子で隠すか?髪型を変えるか?

分け目の地肌が見えてスカスカになってしまっているという人でも、あまり長時間帽子をかぶって分け目隠しをするっていうのはあまりおススメできません。帽子やヘルメットっていうのはやはり頭が蒸れた状態になってしまって抜け毛を促進してしまいますし、基本的には頭皮の風通しが良い状態のほうが育毛するには良い環境だと思います。

スカスカになってしまった分け目を女性の視線などから隠したいという場合には、帽子をかぶるよりも思い切って髪型を短めに変えてみたほうがいいと思います。今まで帽子をかぶっていなかった人が急に帽子をかぶるようになったらやはりおかしいですし、分け目を作る必要がないくらい短く髪の毛を切ったら実は頭皮がスカスカに見えていたのは大したことがなかったという場合もあります。

また、短い髪型にして分け目を作らないことによって、ある程度頭皮のダメージが回復することも考えられますね。遺伝や年齢、環境などが理由でスカスカになってしまっていたのではなくて、自分で分け目を無理矢理作っていたということで頭皮が見えるスカスカ状態に陥ってしまっている人もいるわけですから。

分け目スカスカと朝シャン

朝シャンが習慣になっている男性っていうのは結構分け目がスカスカになっていたりするんですよね。これは朝シャンすることと抜け毛が結構関連性があって、夜にシャンプーする人よりも朝にシャンプーする人の方が抜け毛が多かったり新しくて丈夫な髪の毛が生えにくかったりするからなんです。


これが朝シャンの最初らしいです。

例えば髪の毛が育ちやすい時間は睡眠時間中なんですが、夜に頭皮をキレイにしておけばキレイな状態で髪が生えやすくなりますが、朝シャン派の場合には皮脂や汚れで頭皮が汚い状態なので良い髪の毛が育たない、というわけです。

とは言っても仕事の都合なんかで毎日夜にお風呂に入ることができないという人もいるでしょう。そこで、朝シャンしなければならないんだったら少し早く起きるようにして、シャワーだけではなくちゃんと湯船に浸かることで頭皮の汚れとか皮脂とかを落としやすくなると思います。

また、その場合には雑にシャンプーするのではなくて丁寧に頭皮と髪の毛を洗ってあげるようにしてください(朝シャンする時って時間がないから雑になりがちです)。可能であれば紫外線対策ができるようになっているリンスもすると外出する時に将来の抜け毛対策になると思います。

ドライヤーの使い方

髪の毛がスカスカになってきて分け目から地肌がはっきりと見えてきているような状態の場合には、お風呂あがりのドライヤーの使い方にも注意が必要です(もちろん今は分け目が見えていないけれども今後の抜け毛が心配だという人も同じですが)。ドライヤーを使用する時にやってはいけないことをチェックしてみましょう。

 
・髪の毛に近づけ過ぎ

いくら早く乾かしたいからといっても、髪の毛とか頭皮とかにドライヤーを近づけ過ぎると火傷します。頭皮の火傷は何となくイメージできるので避けている人も多いでしょうが、髪の毛だって繊細ですから同じように火傷してダメージを受けてしまいます。

 
・同じ場所にずっと熱風を当てている

頭頂部→全頭部→左側→後頭部→右側、のように順番に髪の毛を乾かすと、長時間同じ場所の髪の毛や頭皮に熱風を当てていることになります。順番に乾かすっていうのは結構時間的には楽かもしれませんが、ずっと同じ場所に熱風を当てているのは非常に良くありません。

 
こういったちょっとした日常での髪の毛や頭皮への配慮が、最終的には結構大きな差に繋がっていくんですよね。
 

必ずしも薄毛に繋がるとは限らないが・・・

ヘルメットや帽子をよくかぶるという人についてですが、かぶっている時間が長いからといって薄毛になるとは限りません。しかし、現在進行形で薄毛が進んでしまっているという人の場合にはやはり適切な対策を考えていかなければならないでしょう。

具体的にどういった対策をすればわからない・・・という場合には頭髪専門クリニックで治療相談をしてみると良いのではないかと思います。

⇒ 薄毛治療・抜け毛治療の【ヘアメディカル】

自己判断で適当に育毛対策をしたり、適当に育毛剤を使ってみるよりも適切な方法を提示してもらえますし、プロに相談ができるというのは気持ち的にも余裕ができるでしょう。

さて、ヘルメットや帽子で薄毛になってしまう人は、大抵の場合かぶっている最中に頭皮が蒸れてしまっている状態なんですよね。この頭皮の蒸れは毛穴から出てくる皮脂の詰まりを引き起こします。

皮脂が毛穴に詰まってしまうとやはり新しい髪の毛が生えにくくなったり抜け毛の原因になったりするんですよね。

また、きつ目のヘルメットかぶっている場合なんかには頭皮の蒸れだけではなくて圧迫によって頭皮の毛細血管の血流を阻害してしまうことも。毛細血管の流れが悪くなれば当然髪の毛が必要としている栄養分も流れにくくなるわけですから、これももちろん薄毛に直結してしまうと考えられます。

それでもヘルメットをかぶらなければいけない

だからと言ってヘルメットを脱ぐわけにも行かないというのがほぼ全ての人に共通した条件なはず。そもそも好き勝手にヘルメットを脱げる状況なんて存在しませんからね。バイクに乗っているとか仕事で絶対にかぶらなければならない場所にいるとか、ヘルメットっていうのは外部環境によって強制的にかぶらされるものですから。

こういった場合にはヘルメットによる薄毛進行を直接何とかするというよりも、その他の部分でしっかりとしたケアをするしか方法がありません。シャワーを浴びたりお風呂に入ったりする時にはちゃんと汚れを落とすとか、食事や睡眠などの生活習慣をちゃんと整えるとか、良さげな育毛剤があったら使ってみるとか、自分でできる対策をいくつか試してみた方がいいでしょう。

遺伝しそうな人はやはり危険か

ヘルメットを日常的にかぶっている人は必ずハゲるということではありませんが、家族に薄毛の人が多いなどで遺伝的に抜け毛が進行する可能性が高い男性の場合にはやはり危険度が高いといえるのではないでしょうか?

父親や祖父が薄毛だという場合には、ヘルメットを被った仕事をするとかバイクに乗るという時にはある程度しっかりとした育毛ケアを考えていないとある日急激に髪の毛が抜けてくる・・・ということにもなりかねません。

既に薄毛で悩んでいる場合には

ヘルメットを仕事中にかぶるなどしていて既に薄毛で悩んでいるという場合には、とりあえず食事などからケアを行っていくのが最も手近な対策だと思います。もちろん「何を食べれば良いか」ということだけではなく「今食べる頻度が高いもので髪の毛によくないものはどれか」という事も調べておく必要があるでしょう。

普段の生活習慣と合わせて食べ物や飲み物のチェック、生活リズムのチェックなどをこの機会に行ってみてください。

・偏った食生活をしている

食生活が偏っている人の場合には、薄毛の問題よりも健康問題の方がよっぽど将来的なことを考えると良くないんですよね。炭水化物ばかり食べているとか、肉ばっかり食べているとか、栄養摂取の面から言って非常に良くない食べ方をしている場合には髪の毛よりも先に健康診断とか血液検査とかで引っかかってしまうでしょうね。

大抵の場合には野菜をほとんど食べていない状態なんだと思いますが、自炊する習慣がなくて外食ばっかりしているとか仕事の都合で飲み会ばかりなんていう場合には毎日たくさん野菜を食べろと言われてもなかなか難しいでしょう。基本的にはビタミン不足やミネラル不足で健康を害したり薄毛に繋がっているわけですから、どうしようもない場合にはサプリメントの活用も検討してみてください。

・毎晩お酒を飲んでいる

社会人になると毎晩お酒を飲まなければならないという仕事もありますけど、そうじゃなくても一人で家で晩酌するということがあるでしょう。だんだんお酒が好きになってくると毎晩飲まないと寝られないとか、仕事のストレスをお酒で発散するようになるっていうことも。

しかし、アルコールの摂取のし過ぎは肝臓に負担をかけますから、髪の毛が必要となる成分の合成や運搬が肝臓で行うことができなくなってしまいます。昼間はヘルメットによって頭皮に負担をかけ、夜にはアルコールで肝臓に負担をかける・・・という生活になると抜け毛が非常に進行しやすくなるのでお酒はほどほどに。

・睡眠時間が足りなくて薄毛に

昼間にヘルメットを長時間被って仕事をした後、夜の睡眠時間が足りないとやはり薄毛の進行を早めてしまうことになると思います。髪の毛の成長というのはどちらかと言うと起きている間よりも寝ている間に進むものですから、睡眠時間の不足は薄毛になってしまう大きな原因といえるのです。

成長ホルモンが分泌されずに髪の毛が生えてこなくなるだけでなく、睡眠時間の不足はそれ自体がストレスとなって(寝ていないというストレス)抜け毛を誘発することにもなりかねません。ヘルメットでの蒸れや圧迫と、睡眠不足による成長ホルモンの不足とストレス、これらの要因が揃っていると遺伝的要素がないとしてもかなりの確率で頭頂部やつむじ周辺の薄毛が発生してしまうでしょう。

必ずしもヘルメットや帽子が悪いわけではなく・・・

蒸れたり血流が悪くなったりと髪の毛にとってはあまり良いことのないヘルメットや帽子ですが、必ずしも100%悪いというわけではありません。例えば外出中には紫外線を防ぐことができるので、少なくとも紫外線を原因とする抜け毛に対しては予防効果があるでしょう。帽子だったら風通しの良い物や紫外線を防ぐ目的で作られたものを購入してみてもいいかもしれませんよ。

とにかく髪の伸びが悪い人

ハゲとか薄毛とかって言うことよりも、つむじ周辺の髪の伸びが悪いことで悩んでいる人もいるのではないでしょうか?なぜか髪の毛の伸びるスピードが遅くて、カットする度に微妙な調節が必要だとか面倒臭い注文をしなければならないとか。

この場合にはそれほど高くない育毛剤を使ってもらうといいと思います。上でも紹介している極楽育毛革命の場合にはどちらかというと頭髪全体の回復をさせたい人向けなんですが、つむじ周辺の髪の毛がいまいち伸びないという場合には一部分の集中ケアをできた方がいいと思うので。

ミノキシジルを使ってみたいんだけれども副作用があるので心配・・・という人はこちらの育毛剤を使ってみるといいかもしれません。ただ、これは当然なんですけどミノキシジルよりは若干効果が落ちるというか効果が出始めるまでの時間がかかるようです。

⇒ 「副作用のない」育毛剤

添加物不使用のものを探している人

頭皮に塗るタイプ・スプレーするタイプの育毛剤を使いたいという時に気になるのはやはり育毛剤に含まれている添加物ですよね。

どれだけ育毛効果が高いとしても、健康被害が出るとか副作用があるとか、一時的には髪の毛が生えるとしても数年後にはまた抜け毛が増えるなんて言う育毛剤だったら使いたくありません。

こういった問題は添加物を多く使用している育毛剤には有りがちなんですけど、何で添加物を使用しているかって、主に「いい香りにして育毛剤の評判を上げたい」「サラサラな手触りにして育毛剤の評判を上げたい」みたいな理由があったりするんです。

でも、使用する我々にとっては正直言ってそんな香りとか手触りなんてどうでもいい事です。髪の毛が生えるのか?後から副作用は出ないか?ということが全て。

そもそも育毛剤で添加物の有無を考えなければならないという時点で何かおかしいような気がするんですけどね。第一、頭皮に悪い以前に香料なんかが入っていたら育毛剤を使ってることが周囲にバレるじゃないですか・・・。

どうしても香りが良くて使い心地が良い育毛剤じゃないと嫌だ!という人は、このページでは紹介していない添加物たっぷりの育毛剤をどこかで購入してください。そして後から悩んでください。

家族に育毛剤を使っていることを知られたくない人

家族相手だと薄毛になってきている事自体よりも、育毛剤を使っているという事実を知られるということの方が恥ずかしかったりもします。

彼女がたまに家に来るとか、同棲中だなんていう場合には育毛剤を毎日使っているなんて絶対に知られたくないわけで・・・。

育毛剤のサイズを計測してこちらのページで写真を公開しておいたので、どこか隠す場所とかを検討してから購入してみてください。

⇒ こちらの育毛剤

家族や彼女にバレないかどうか心配しながら育毛するっていうのは思った以上にストレスになります。そんなストレスによって逆に抜け毛が増えてしまうなんてことのないようにしたいものですね。

5αリアクターゼが気になる人

ジヒドロテストステロンを作り出す5αリアクターゼを抑制したい、という場合には抑制専用の成分が配合されているBUBKAを使うと良いでしょう。

⇒ BUBKA

これらの育毛剤に配合されている成分の中にオウゴンエキスというものがあるのですが、これは5αリアクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させるのを抑制させる働きを持っています。

髪の毛が細いまま抜けてしまう人

上記の5αリアクターゼが気になる人と同様、上記の育毛剤では髪の毛が生えてから抜け毛になるまでの期間を引き伸ばすことができるようです。

ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を妨げるのでこれが発生しないように働きかけることができれば(最終的には)同じ抜け毛になるとしても細い状態ではなくちゃんと太い髪の毛にまで成長してからになる、というわけです。

普段の生活習慣が悪い人

これについてはある意味つむじとか前頭部とかが薄毛になってしまっている原因がわかっているわけですから、育毛剤よりもむしろ生活習慣を改善していくシステムを自分の中で取り入れた方がいいと思います。

もちろん可能であれば育毛剤を使いながらだと効果は高くなるんじゃないかな・・・と個人的には考えています。自分の普段の生活とのバランスを取る必要がありますね。

 

このページの先頭へ