分け目のハゲの悩みはカウンセリングを受けて簡単に対策を

分け目のハゲが気になってきた場合には、専門治療を受けて積極的な対策をするか、普段の生活の中で何とか対策をしていくしかありません。

ただ、専門治療をする場合にはやはり心理的なハードルが高いですから、最初はカウンセリングを受けてみると良いかもしれませんね。

無料カウンセリング ⇒ 薄毛治療・抜け毛治療の【ヘアメディカル】

カウンセリングで治療の概要やかかる費用などを聞いた上で積極的な対策をするかどうかを決めてみると良いのではないかと思います。特に、最近急激に薄くなってきた・・・という場合には不安に思っていることについて話してみると良いですね。

悪質なクリニックの場合には無料相談という形で客を集めて有無を言わさず高額の治療コースに契約させるというやり方をしているところもあるのですが、このサイトで紹介しているクリニックは無料カウンセリングの後に一旦持ち帰って治療するかどうかを検討できるということを確認済みです。ちゃんと帰してくれます。

分け目をちょっと変えてみる

こちらは普段の生活の中で簡単な対策をして現状維持を目指していく方法です。

分け目が薄くなってきて地肌が見えてきているのが気になるとか、もうちょっと抜け毛が増えたら分け目が目立ちすぎて嫌だという悩みを持っている場合には、定期的に髪の毛の分け目を変えたほうがいいと思います。

もちろん髪型によっては分け目を変更するのは難しいでしょうけど、可能ならばぜひやってください。初日は周囲の友人から色々言われるかもしれませんが一日だけの辛抱。その次の日になれば誰も気にしませんから。

むしろ、分け目を変えられる人は毎日分け目の位置を変えた方がいいんじゃないかと思います。毎日同じ分け目にして外出すれば紫外線を浴びる地肌の部分がいつも同じということになりますし、汚れがつきやすくなって抜け毛に繋がるということも考えられます。

分け目やつむじのハゲ対策以外にも、普段と分け目と変えてみることで髪の毛のボリュームが出ることが多いです。いつも同じ髪型にしていると髪の毛が根元から倒れていくのでそれほど抜け毛が多くない場合でもボリュームが少なく見えてしまいます。髪型をちょっと変えてみるだけでこの問題が解決する場合は多いので色々と変化をつけてみてはどうでしょうか?

朝シャンをやめて夜にお風呂に入ろう

朝と夜だったらなるべくだったら夜に髪を洗った方がいいとされています。寒くなってきたからって全然お風呂に入らないという人よりはよっぽどマシなのですが、夜に頭皮の皮脂や髪の毛の汚れを落として睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌された時に髪の成長が良いのではないかと考えられています。

また、朝だとシャワーだけで入浴を済ませがちになりますけど夜だったらちゃんと浴槽に浸かって温まるという人も多いでしょう。全身の体温を上げる効果もありますし、しっかりとお湯に浸かることによって余計な頭皮の皮脂もシャンプーした時に除去しやすくなって一石二鳥ですよ。分け目の地肌が気になるからってゴシゴシ無理に洗わずとも綺麗になると思います。

注意点として、シャンプーを洗い流す時に乱暴に髪の毛を扱わないことと、お風呂あがりにはちゃんと髪の毛をドライヤーで乾かすことに気をつけてください。

すすぎの時に乱暴に洗ったり、逆に洗い過ぎたりすることで髪の毛はダメージを受けますしひどい場合にはそのまま抜け落ちてしまいます。

濡れた髪の毛のまま放置しておくとそこから雑菌が繁殖してニオイの原因になったり毛穴を詰まらせて新しい髪の毛が生えてこなくなったりもするので注意。

分け目の薄毛と紫外線

肌の紫外線を気にする男性は最近ようやく増えてきたのではないかと思います。男性用の紫外線対策用品や肌ケア用品もドラッグストアで販売されるようになってきましたしね。ですが、頭皮だったり髪の毛だったり、そういった紫外線対策商品が使用できない部分も紫外線の影響を受けていることは知っていますか?

髪の毛は直接紫外線を浴びていますから何となく日光によるダメージを受けていることが想像つきますが、分け目部分の地肌が紫外線でダメージを受けていることには気づきにくいものです。分け目の地肌も普通に日焼けしたり赤くなったり、特にスカスカしてハゲてきた場合には地肌の上に髪の毛がありませんから直接紫外線を浴びてしまって薄毛が進行する原因になります。

男性の場合にはなかなか日傘を使うということも恥ずかしくてできませんし(最近は優秀なUVカット日傘も販売されているのですが)、帽子をかぶるのは蒸れのこともあるので結局は特に対策することもなく暑い日でも外に出ていることでしょう。

「最近分け目が薄くなって地肌が目立ってきたな~」という人は、ハゲ隠しではなく育毛剤を使った髪の毛の回復やクリニックでの治療を検討したほうがいいのでは。

【参考】

もしも周囲の人目を気にせずUVカット日傘を使う、という場合ですが、UVカット効果というのは永久的に持続するものではありません。大体の商品は1年か2年で紫外線を防ぐ効果が弱まってしまうんですよね。

その場合には新しいUVカット日傘を購入するか、UVカットスプレーを使って再度コーティングするかを選択する必要があるでしょう。ただし、UVカットスプレーの場合にはカット効果が完璧というわけには行かないので注意が必要です。

 

このページの先頭へ