シャンプーの仕方が悪くて頭頂部がスカスカになってしまう人

シャンプー時にゴシゴシやってしまう場合には

シャンプーした時に頭皮や髪の毛をゴシゴシとやってしまうことが多いという人の場合には、シャンプーがちゃんと泡立っていないからという理由もあったりするんですよね。もちろんこれはシャンプーが悪いわけではなく(「そんなあなたにはスカルプD!」とかってここでやったら売れるかもしれませんが・・)、シャンプーの仕方が悪いだけなんです。

普通はシャワーとかを使って髪を濡らしてからシャンプーするじゃないですか?その時に、髪がビショビショ過ぎると逆にシャンプーは泡立ちにくくなるんです。もちろんビショビショになるくらい十分に髪の毛が残っている人の話ですけど、頭頂部スカくらいだったらまだまだ大丈夫でしょう。

髪が濡れすぎているっていうことは、シャンプーを付けた時に流れ落ちていく水滴とともにシャンプーも流れてしまっているんですよね。それだと実際に使った量よりも少ない量で泡立てなければいけないことになりますから、結果的にシャンプーしてもなかなか泡立たず、頑張って泡立てようとしてゴシゴシやってしまう=頭頂部やつむじの抜け毛につながりやすくなる・・・ということなのです。

シャンプー前に髪を濡らしたら、軽く水を切った状態で洗い始める方が泡立ちやすくなるので試してみてください。

また、シャンプーでも洗顔料でも同じなんですけど、女性はちゃんと泡立ててから使う人が多いのに対して男性はあまり泡立てずに原液に近い状態で髪とか頭皮とか顔とかに使ってしまう人が多いと言われています。

どうせ元は同じ成分なんだから関係ないでしょ?と思うかもしれませんし、確かに原液の状態でも泡立てた状態でも中身は同じ成分です。

しかし、原液と泡とでは成分の濃度が全く違うじゃないですか?シャンプーボトルをひっくり返して頭皮にドバドバかけたら何だかやばそうな感じがするわけですけどそれと大して変わらないことをしているわけです。

特につむじ周りの抜け毛に悩まされている人は注意した方がいいと思います。ほとんど泡立てずに髪の毛につけるとなると、最初に原液がついてしまう頭皮の部分はやっぱり頭頂部やつむじ周りになりますから逆につむじハゲ対策のじゃまになります。

どうしても女子的な感じで(洗顔フォームのコマーシャルみたいな感じといえばわかるでしょうか)一生懸命泡立てて使うのが気持ち的に無理だ・・・というのであれば、髪の毛がガッツリ生えている部分・・・例えば側頭部の髪の毛につけて泡立てる感じにすると原液による頭皮へのダメージは少なくて済むと思います。

マッサージを勧める人は多いが

頭頂部がスカスカになってしまっている人のための育毛方法として頭皮マッサージということはよく聞きますし、いろんな雑誌なんかでもマッサージによって頭皮を刺激したり皮脂を押し出したりっていうことを勧める人は多いんですが、実際にやってみるとなかなか続かないことが多いんですよね。

特に頭頂部やつむじ周辺の薄毛っていうのは生活習慣が問題で抜け毛が発生している人が結構な割合でいるわけで、そういった人に毎日のマッサージを習慣の中に取り入れろ、と言ってもなかなか習慣化することは難しいです。それが習慣化できるんだったら先に悪い習慣を今すぐやめることができるでしょうから・・・。

全然やったこともないのに毎日15分マッサージするっていうのはたぶん無理でしょう。もちろん実行可能な人はやってみた方がいいとは思いますけど、とりあえず自分の悪しき生活習慣を改善する所から始めた方がいいかもしれませんね。

実際に自分の髪の毛に危機が迫っているにもかかわらず、こうした地味な作業を継続できる人は非常に少ないわけです。そう考えると抜け毛対策として有効なのはやはり手間のかからないものということになるでしょう。例えばサプリを飲むだけとか、他人に全部やってもらえるとかそういったものでしょうね。

 

このページの先頭へ