シャンプー時に抜け毛が50本ある人は薄毛を心配するべきか?

シャンプーした時に抜け毛が50本ある、というのは場合によっては今すぐに抜け毛対策をしなければならないという状態ですね。

まだ目立って地肌が見えていなくて、ある程度頭皮ケアをしっかりとしていくことができるのであれば、本格的な抜け毛対策についてはもっと先のことで良いんでしょうけど、前髪が後退して対策が必要ならばしっかりと読んで下さい。

1日の正常な抜け毛の本数は?

あまり正確な研究データが揃っていないので大体の話でしか言えないんですが、50本くらいの抜け毛は1日の本数としては結構普通なんですよね。ただしこれは、あくまでも『一日の抜け毛の本数』であって、シャンプー時の抜け毛の本数の話ではありません。

よっぽど新しい髪の毛が生えてこないという人であればともかく、ほとんどの人は毎日新しい髪の毛が頭皮から生えてきているわけですから、100本抜けても100本生えてくるということで特にハゲが進行するということはありません。

シャンプーやリンスした時に50本程度の抜け毛があるというのであれば、1日のトータルとしては大体100本から150本程度の抜け毛本数ということになるんじゃないかと思います。もしもシャンプー時に正確な本数が測れていてそれが50本前後で、薄毛になってはいないっていうんだったらそれほど神経質に抜け毛の心配をする必要はないと思いますよ。

こういった場合には毎日100本とかの抜け毛があるけれどもそれと同じくらい新しい髪の毛が生えてきているということなんでしょう。見た目的に薄毛が進行していないのであればそういうことです。

重要なのはシャンプー時の抜け毛本数より・・・

ですから、むしろこの場合に重要なのは、シャンプーした時の抜け毛の本数よりも「新しく生えてくる髪の毛の本数がどのくらいあるのか」ということではないかと思われます。1日に200本抜ける男性であっても新しく200本生えてくれば全くハゲることはありません。

ですが、1日30本しか抜け毛がない男性が1日10本だけ新しい髪の毛が生えてくる・・・という場合には差し引きマイナス20本ですから徐々にハゲていってしまうというわけです。

だから、シャンプー時に何本抜けているかということよりも新しく何本生えてきているかの方が大事になります。毎日シャンプーしながら抜け毛の本数を数えるのは逆にストレスになりますから止めた方がいいですね。

自分で数えて神経をすり減らすな

とは言っても、一日何本くらい新しい髪の毛が生えてきているのかということを自分で数えるというのは不可能です。だからこそ我々は抜け毛の本数を数えているわけですが・・・。

でも、シャンプーやリンスをした時に抜け毛の本数を数えるよりも、実際に頭髪全体を見渡してみて以前よりも薄くなったか?ボリュームが減ってきたか?と言う事をチェックした方がよっぽど現実的だと思います。

毎日排水口と格闘するのではなく、見た目でボリュームが減ってきたならば抜け毛が進行している、ボリュームが減っていないならば問題ない、程度のアバウトな感覚で大丈夫だと思いますよ。1本1本数えるのは面倒臭いし時間もかかるし神経をすり減らしますからね。

【参考】

一年の中で、特に秋は抜け毛の本数が多くなる季節だと言われています。これは、夏の紫外線などによる髪の毛へのダメージや頭皮の日焼け、汗などによる蒸れでどうしても夏の終わりから秋にかけては抜け毛が増えやすくなるから・・・ということなんですね。

ですから、春と秋とでは抜け毛の本数が全く違っているという人も少なく無いと思います。それでも、夏から秋にかけて髪の毛が減少していき、冬や春にはちょっとだけ回復してくる・・・と言う事を繰り返しながら徐々に薄毛が進行してしまう場合もあるわけです。

 

このページの先頭へ