つむじ周りが薄い人の医薬品or育毛剤購入と、髪に悪い生活習慣3つ

つむじ周りが薄くて悩んでいる人はたくさんいるわけですが、「やってはいけないこと」をしているために薄毛になっているということにほとんどの人が気付いていないんですよね。

関連記事:女性のつむじが薄い原因と、買うべき対策商品とは?

医薬品or育毛剤なしでつむじ回復は難しい

とにかく優柔不断な人っていうのはつむじが薄いまま放置してどんどんとハゲていってしまうんですよね。生活習慣や生活リズムを全く改善しようとしないのに育毛剤さえ使わない。放っておいてもつむじが薄いのは回復するはずがないんですけど、育毛剤さえ購入したことがないという人が多い気がします。

育毛剤をさんざん試したけれども一つたりとも効果を感じたことがないという人であればまだしも、今まで育毛剤を購入して使ったことがないのであれば多くの人が使用しているものを試してみてはどうでしょうか?

育毛剤はちょっと・・・という場合には頭髪専門クリニックでカウンセリングを受けてみると良いのではないかと思います。基本的には育毛剤とは違って研究データの揃った医薬品で治療することになるでしょう。育毛サプリも副作用のないものを選びたいですね。

最初に育毛剤を通販で購入したり、クリニックに行ってみる時なんかは結構ドキドキするものですけど、慣れれば全然そんなこともないでしょうし家族に発見されて恥ずかしい思いをするっていう人も(今は色々と対策が取られているので)ほとんどいないと思います。

で、その上で生活習慣を見直してみるわけです。

その1.生活リズムを同じままにしていてはいけない

つむじ周りが薄い場合にかぎらず男性女性共に薄毛の原因として多く見られるのは生活リズムや生活習慣が乱れている場合なんですよね。これについては多くの人が自覚があるはずですから、自分が気にしている部分から改善していくというのが一番です。

  • お菓子ばかり等の偏った食生活
  • タンパク質不足などの偏った栄養摂取
  • インターネット・メール・電話・LINEなどでの睡眠不足
  • 食べ過ぎ飲み過ぎ
  • 過度のアルコール摂取
  • 煙草の吸い過ぎ
  • 運動不足による肥満

これらの生活習慣の乱れについて身に覚えがある人がほとんどなのではないでしょうか?だいたいの事については改善しようと思えば何とかなる部分ではあるのですが、それを放置しているがためにつむじ周りが薄いという人がたくさんいます。

ちなみにこれは生活習慣とはまたちょっと違うのですが、最近では残業で帰りが遅くなったり自宅に帰ってきてからも仕事をしているなどの理由で睡眠時間が充分に確保されていないとか、仕事のストレスが髪の毛に影響しているなどでつむじ周りに限らず抜け毛が急に増える人が多くなっています。

その2.栄養補給に無頓着のままではいけない

一般的な三大栄養素として重要な炭水化物・たんぱく質・脂質以外にも髪の毛を成長させるために重要とされている成分はいくつかあります。そういった栄養成分にはビタミン・ミネラルなどがあるのですが、この中には食事からは非常に補給しにくいタイプのものもあるんですよね。

亜鉛なんかがその代表例で非常に限られた食材にしか含まれていない上、多く含有している食品は大量に食べることが難しい食材だったりします(金額的にも食べやすさ的にも)。牡蠣とかビーフジャーキーとかパルメザンチーズとか、どう考えても毎日毎日大量に食べられる気がしないんですよね。

そこで亜鉛なんかの食事から摂取が難しい栄養成分についてはサプリメントから補給するっていうのが育毛をする上では一般的になってきています。

その3.何度も自分でつむじのチェックをしてはいけない

男性女性問わずつむじ周りの髪の毛が薄くなってしまう原因としてストレスがあります。これは仕事だったり育児だったりと外部から受ける環境的なストレス要因以外にも、普段の生活の中で自分でストレスを生み出してしまっている場合があるんですよね。

その最たるものが、「毎日自分でつむじのチェックを何度もしてしまうこと」です。

つむじ周辺の薄毛が気になる場合には、鏡で何度も様子をチェックしてしまうものです。自宅の洗面所だったり、お店のトイレだったり洋服売り場にある鏡だったり・・・。何度もチェックしたところで髪の毛が生えてくるわけではないのにしつこく確認しても、それは自分自身でストレスを発生させているだけなんですよね。何回見たって薄いつむじ周りは薄いままなんですから。

 

このページの先頭へ