つむじが生まれつきうすい場合の育毛対策


つむじがうすくて悩んでいるという人はたくさんいますけれども、そもそも生まれつきつむじがうすいという場合にはどのように考えて育毛対策を取っていけばよいのかを考えていきます。

生まれつきうすい人はそれほど気にしなくても良い場合がある

つむじがうすくて悩んでいるという人は日本中にたくさんいるわけなんですけど、もしも本当に生まれつき最初っからうすい状態の場合にはそれほど気にしなくても良い場合は多いんですよね。今現在つむじがうすいんだけれども、数年前と比較してほとんど変わらない、抜け毛も少ないというのであれば不安に思う必要はあまり無いんじゃないかと思います。

実際にはつむじがうすいのが気になるというよりも、周囲の人にどう思われているのかが気になるという感じなんだと思いますが、生まれつきのものなのであれば「生まれつきつむじ周りだけ薄くて困ってるんだよね~」とかって言っておけば「ああ、そうなんだ~」と思ってくれるんじゃないでしょうか?

むしろそういう事を伝えた時に影で「必死過ぎるプークスクス」とかって笑うような相手だったらあまり深く関わる必要はないでしょう。特に気になる女の子がそういう性格だとしたら付き合う前・結婚する前にわかって良かったね、っていう感じです。

とは言ってもどんどん薄くなる男性は多い

ただ、男性の場合には生まれつきうすい状態からどんどんと抜け毛が増えて頭皮が丸見えなんていうことになってしまうケースも多いんですよね。そういった時には生まれつきうすいかどうかなんていうことには関わらず即座に育毛剤の使用など抜け毛対策を始める必要があります。

元々のスタート地点がかなり低めの状態なわけですから、脱毛が進行してきた場合のスピードは非常に早いです。つむじから始まって全体的にハゲてしまうまでのタイムリミットはかなり短いので、サプリや育毛剤なんかを一度試してみるといいかもしれません。

早い内からつむじのハゲ対策をしておくのは悪くない

もちろん今現在つむじ周辺の抜け毛・全体的な抜け毛が気にならないという人であっても早目につむじのハゲ対策をしておくのは悪いことではないと思います。元々つむじがうすいという事で何かあった時の脱毛スピードは他の人よりも速いことが考えられますし、父・祖父など家系に薄毛の人が多いなんていう場合にはやはり将来的にはハゲる可能性が高いですからね。

⇒ 祖父・父のハゲはやっぱり遺伝するのか?への回答
⇒ 遺伝について(Wikipedia)

むしろ、何とも無い状態の時期から意識して育毛を心がけるというのは将来的に見ても非常に有効だと思います。重い病気を治療するよりも病気にならないように予防するほうが簡単なのと同じで、早い段階で抜け毛が増えないように育毛を開始するっていうのは非常に合理的ですね。抜け毛が進行してからだと手遅れで育毛剤の効果も薄くなることがほとんどですから。

元の状態より濃くはできないが、元の状態まで回復させることは可能

もっとも、いくら良い育毛剤を使ったとしても元々のつむじ状態よりも髪の毛を濃くするということは不可能です(植毛とかだったら可能だとは思いますが・・・)。生まれつきうすいつむじの状態を向上させるっていうのはやはり難易度の高いことなんですよね。

それでもしっかりと育毛することによってつむじだけではなく髪の毛全体を回復させることは可能なわけですから早め早めにちゃんとケアしていくのは大事なことですよね。ある程度つむじ周辺の髪の毛を回復させることができたら、あとは美容師と相談して上手に髪型を決めるとか帽子をかぶるとかっていう方法でも見た目は良くできるはずですから。

 

このページの先頭へ