イソフラボンとカプサイシンの摂取でつむじ周辺の抜け毛が減ったという人も

イソフラボンとカプサイシンを同時摂取することによって、頭髪の成長が良くなるという研究結果があります。2005年くらいに結構テレビ番組などでも特集が行われていましたね。

食事からイソフラボンを摂取することももちろんできるのですが、サプリメントとして大豆イソフラボンを摂取することによってつむじ周辺の抜け毛が減ったという人も中にはいます。

サプリメントで抜け毛が減る?

大豆イソフラボンのサプリメントは大体1000円から2000円前後のものが多いです。ちょっとしたものだと1ヶ月分で3000円位、1日100円といったところでしょうか。

イソフラボンとカプサイシンが共に配合されているサプリメントもかなり見かけるのですが、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂ることで頭髪の成長が良くなるというのは、毛乳頭にIGF-1という物質が作られる作用が促進されるからというのが理由だとのこと。

IGF-1は男性ホルモンが強くて髪の毛の成長が止まっている場合でも、髪の毛の成長を活性化させることができるようです。また、抜け毛防止だけではなくアンチエイジング効果がある有効成分としても最近は非常に研究が進んでいるんですよね。

カプサイシンによる育毛促進

サプリメントという形で提供されることが多くなっているカプサイシンですけど、これは主に2つの効果によって育毛の促進をすると考えられています。

・血流の向上

唐辛子などの辛味成分を摂取することで体が熱くなったり汗をかいたりしますよね。カプサイシンはこうした形で体内の血流向上に役立つということが明らかです。

体の血流が良くなれば当然首周りや頭皮の血流も良くなるわけで(むしろ頭部に一番血流アップ効果を感じる人のほうが多いでしょう)、髪の毛を生やすための頭皮や髪の毛自体に血液から栄養を届けることが可能になるというわけです。

・IGF-1の増加

カプサイシンの摂取によって、体内ではIGF-1が増加するという研究結果があります。カプサイシンを摂取すると体内の細胞ではCGRPが放出されるのですが、頭皮の細胞ではCGRPの作用によってIGF-1が製造されるんですね。

このIGF-1が毛母細胞を成長させると言われているので、カプサイシンの摂取が育毛に繋がるというわけです。

こうしたつむじハゲ対策の効果を狙ったカプサイシンサプリは大抵イソフラボンサプリとセットになっているんですけど、これはCGRPを作って放出するためにはカプサイシンだけではなくイソフラボンも原料として必要になるためです。

もちろん食事からでも補給は可能ですが

一応簡単な摂取の方法としてサプリメントを取り上げましたが、食事からでも一応イソフラボンの摂取をすることは可能です。例えば豆腐・納豆・豆乳・きな粉など。豆腐以外はちょっと好き嫌いの出そうな食材だと思いますけど、豆腐だったら結構食べられるという人は多いんじゃないでしょうか。

ただ、豆腐を毎日1丁食べるっていうのはお金的には特にキツくないんですけど量が結構多いのでお腹がかなりキツイんですよね。そういった場合には上手にサプリメントを活用してみるといいんじゃないでしょうか。


もちろん、イソフラボンとカプサイシンがつむじの薄毛に良いとは言ってもこればかりを摂っていてはいけません。唐辛子を大量にかけた豆腐だけを毎日食べていても(髪の毛を含めた)健康に良くないというのは明らかです。

健康に良いとされる食材を1つや2つ大量に食べた所で健康には繋がりませんし、単品ダイエットでダイエットに成功する人がいないのと全く同じですね。イソフラボンとカプサイシンをしっかりと摂取した上で食生活や生活習慣をしっかりと見直すことが必要でしょう。

今回はイソフラボン・カプサイシン・IGF-1による育毛効果・抜け毛予防効果について見てきました。

喫煙習慣

タバコを吸っている人でつむじハゲが気になっている場合には、できれば禁煙した方がいいでしょうね。まず、タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させる効果があります(今さら感があるくらい常識の一部ですが)。

血管が収縮することによって血流は悪くなりますから、頭皮の毛細血管から栄養分を得ている髪の毛には当然大きな影響がありますよね。新しい髪の毛は生えなくなりますし、今ある髪の毛も伸びなくなったり細くなったり、とにかく健康な髪の毛が減るのでつむじハゲになったり頭がスカスカになったりします。

栄養分が髪の毛に届かなくなってしまうだけではなくて、血流の低下によって体温が低下することも考えられます。血管が細くなってしまっている所にさらに体温低下が起きたらどうなるか・・・?ということです。結果的に2方向から髪の毛のための栄養分を届きにくくしてしまっているということに。

また、これはあまり世間的には知られていないことなんですけど、タバコを吸うことによって汗をかきやすくなったり毛穴から皮脂が分泌されやすくなる人もいます。汗をかきながらタバコを吸っているという人は要注意ですね。汗をかき過ぎたり皮脂が分泌されすぎたりすれば当然毛穴が詰まります。詰まった毛穴からは新しい髪の毛が生えてきませんし、今生えている髪の毛の根元が詰まることによって抜け毛が誘発されたりするというわけです。

とは言っても、そう簡単に禁煙ができたら苦労はしないわけで・・・。だからこそ電子タバコとか禁煙パイポなんかが販売されているのですが、それでも禁煙するまでには至らなかったり電子タバコから発ガン物質が発見されるなんて大問題が発生したり。

他には、喫煙による一酸化炭素の影響なんかも抜け毛のことを考えた時には問題が出てきますね。スポーツをする人がタバコを吸ってはいけないというのは一酸化炭素を取り込んでしまって酸欠状態になるからなのですが、結局はこの酸欠状態になってしまえば髪の毛も酸欠になっているわけです。酸素がちゃんと髪の毛を作る場所に届いていなければ・・・結果は明らかでしょう。

睡眠不足

仕事とか付き合いとかがあるとは思いますけど、つむじハゲを防止するためには夜12時までに、もしも可能であるならば夜10時までには布団に入りたいところです。本来髪の毛が正しく成長するための成長ホルモンが分泌されるのは午後10時から午前2時位に睡眠をとった時だとされているのですが、なかなか夜10時に寝るっていうのは難しいでしょう。

早く寝ることで多少は育毛や増毛にも効果があるのではないか・・・ということが片隅にあっても実際には午後10時に寝るなんていうことは大変です。人によっては残っている仕事を片付けなければなりませんし、下手するとまだ帰宅していない場合もあるでしょう。

仕事がなくてもゲームをしたりネットサーフィンをしたりSNSで友人と交流したりしたいという気持ちはあるわけです。「この時間になったら絶対に寝る」ということを決めておいて周りの人にも公言する・・・なんていうのは人間関係を考えると難易度が高い。

また、休日になったら寝貯めをしようと考える人もいますが、これには特に髪の毛に対する効果がありません。毎日ある程度の睡眠時間を確保することの方がはるかに重要ですし、生活リズムという観点から考えると休日に睡眠時間を極端に伸ばすのはあまり良いことではないと思います。

運動不足

仕事が忙しくてデスクワークばかり・・・という男性の場合には慢性的に運動不足になってしまっていることが多いかと思います。つむじハゲが進行してきているだけではなくて、健康診断の数値なんかも徐々に悪化してきていたりある年突然「要精密検査」とかってなっていたりしませんか?

運動不足が続くことによって髪の毛が抜けやすくなったり細くなったりするのは、成長ホルモンの分泌量が少なくなっていったり代謝機能が悪くなったり、運動しないことで全身の血行が悪くなったりする事が原因です。毎週定期的に運動する機会を設けることでこういった原因を取り除いていかないといけないんですよね。

もちろんゼエゼエハアハアいうような強度の高い運動ではなくて、軽い感じの有酸素運動をたくさん行うことによって健康は改善していきます。もしも運動不足がつむじの抜け毛の原因になっているのであれば、有酸素運動を定期的に行っていくうちに自然と改善されるかもしれません。

特に何か好きなスポーツがないという場合には、一般的にはウォーキングから始めるのが無難だと思います。電車通勤をしているのであればちょっと早めに家を出て1駅分2駅分くらい歩くようにするとか、スポーツジムに入ってウォーキングマシンを使ってみるとか、わざわざ夜中に外を出歩かなくてもウォーキングはできますからね。

・・・と言うのは結局は机上の空論で、仕事が終わったあとにスポーツをするなんて夢のまた夢。始発近く・終電近くで通勤しているのに1駅分歩くとかっていうのは無謀だという人が多いでしょう。波平やマスオみたいに17時に退社するような人だったら可能なんですけど・・・。

 

このページの先頭へ