イソフラボンとカプサイシンの摂取でつむじ周辺の抜け毛が減ったという人も

イソフラボンとカプサイシンを同時摂取することによって、頭髪の成長が良くなるという研究結果があります。2005年くらいに結構テレビ番組などでも特集が行われていましたね。

食事からイソフラボンを摂取することももちろんできるのですが、サプリメントとして大豆イソフラボンを摂取することによってつむじ周辺の抜け毛が減ったという人も中にはいます。

サプリメントで抜け毛が減る?

大豆イソフラボンのサプリメントは大体1000円から2000円前後のものが多いです。ちょっとしたものだと1ヶ月分で3000円位、1日100円といったところでしょうか。

イソフラボンとカプサイシンが共に配合されているサプリメントもかなり見かけるのですが、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂ることで頭髪の成長が良くなるというのは、毛乳頭にIGF-1という物質が作られる作用が促進されるからというのが理由だとのこと。

IGF-1は男性ホルモンが強くて髪の毛の成長が止まっている場合でも、髪の毛の成長を活性化させることができるようです。また、抜け毛防止だけではなくアンチエイジング効果がある有効成分としても最近は非常に研究が進んでいるんですよね。

カプサイシンによる育毛促進

サプリメントという形で提供されることが多くなっているカプサイシンですけど、これは主に2つの効果によって育毛の促進をすると考えられています。

・血流の向上

唐辛子などの辛味成分を摂取することで体が熱くなったり汗をかいたりしますよね。カプサイシンはこうした形で体内の血流向上に役立つということが明らかです。

体の血流が良くなれば当然首周りや頭皮の血流も良くなるわけで(むしろ頭部に一番血流アップ効果を感じる人のほうが多いでしょう)、髪の毛を生やすための頭皮や髪の毛自体に血液から栄養を届けることが可能になるというわけです。

・IGF-1の増加

カプサイシンの摂取によって、体内ではIGF-1が増加するという研究結果があります。カプサイシンを摂取すると体内の細胞ではCGRPが放出されるのですが、頭皮の細胞ではCGRPの作用によってIGF-1が製造されるんですね。

このIGF-1が毛母細胞を成長させると言われているので、カプサイシンの摂取が育毛に繋がるというわけです。

こうしたつむじハゲ対策の効果を狙ったカプサイシンサプリは大抵イソフラボンサプリとセットになっているんですけど、これはCGRPを作って放出するためにはカプサイシンだけではなくイソフラボンも原料として必要になるためです。

もちろん食事からでも補給は可能ですが

一応簡単な摂取の方法としてサプリメントを取り上げましたが、食事からでも一応イソフラボンの摂取をすることは可能です。例えば豆腐・納豆・豆乳・きな粉など。豆腐以外はちょっと好き嫌いの出そうな食材だと思いますけど、豆腐だったら結構食べられるという人は多いんじゃないでしょうか。

ただ、豆腐を毎日1丁食べるっていうのはお金的には特にキツくないんですけど量が結構多いのでお腹がかなりキツイんですよね。そういった場合には上手にサプリメントを活用してみるといいんじゃないでしょうか。


もちろん、イソフラボンとカプサイシンがつむじの薄毛に良いとは言ってもこればかりを摂っていてはいけません。唐辛子を大量にかけた豆腐だけを毎日食べていても(髪の毛を含めた)健康に良くないというのは明らかです。

健康に良いとされる食材を1つや2つ大量に食べた所で健康には繋がりませんし、単品ダイエットでダイエットに成功する人がいないのと全く同じですね。イソフラボンとカプサイシンをしっかりと摂取した上で食生活や生活習慣をしっかりと見直すことが必要でしょう。

今回はイソフラボン・カプサイシン・IGF-1による育毛効果・抜け毛予防効果について見てきました。

分け目部分の地肌だけ抜け毛が目立つなら

分け目をはっきり作るような髪型にしていると、その部分だけ抜け毛が進行して地肌が目立つ状態になってしまうんですよね。

今回はそういった分け目で目立つ地肌をどのようにして改善または目立たなくするかを考えていこうと思います。

単純に分け目を変える

長年同じ場所に分け目を作っていると、どうしてもその部分の髪の毛が引っ張られたり地肌が紫外線や外部刺激などによりダメージを受けたりしてその部分だけ薄毛になって目立ってしまうんですよね。

もしも遺伝とか生活習慣とかが原因の抜け毛でないのであれば、単純に分け目を変える(髪型を変更してみる)ことによって改善が見られる場合が多いと思います。分け目を変えるだけでも見えていた地肌が目立たなくなるでしょうし、全然違う髪型にして分け目をなくせば頭皮への負担も減るのではないでしょうか。

抵抗がなければ思い切って短髪にするとか坊主にするとか、頭の形さえ良ければこれだけで地肌の薄毛が目立たなくなります。

ただ、分け目が目立つという場合にこういった「坊主にする」という過激な手段を取れる人はほとんどいないでしょう。基本的には今の髪型をキープした状態で地肌が見えないようにしたいわけですしね。

 
中学生くらいだったら突然坊主にしても「部活で坊主強制」「悪いことをした」とかでスルーされるかもしれませんが、社会人になってから突然坊主にする・・・となると変な目で見られてしまう可能性もありますし、何よりモテ要素が減ってしまいます(女性目線から行くとやっぱり『彼氏が坊主』というのはねぇ・・・)。

育毛する

全体的に髪の毛が薄くなってきている・ボリュームが減ってきているという場合には、分け目部分の地肌だけではなく頭髪全体に対しての育毛が必要になることも。

市販されている育毛剤を使ってみるとかひどい場合には皮膚科で相談してみるとか、緊急を要するような地肌の目立ち方をしている場合にはやはり何らかの外部対策が必要になるでしょうね。分け目部分の薄毛っていうのはどうしてもそこの部分から周囲に広がってしまいがちですし、髪の毛全体が心配な場合には育毛剤などに頼るのも仕方ないでしょう。

もちろん、最も確実な対策としては専門の病院で治療を受けることなんですけど、いきなり頭髪治療をするというのは少々ハードルが高いです。そこで、治療前のカウンセリングを無料で受けるという方法が良いかもしれません。

無料カウンセリング ⇒ 薄毛治療・抜け毛治療の【ヘアメディカル】

この場合にはカウンセリングを受けてから治療を受けるかどうかを自分で決めることができるので割と気軽に行くことができると思います。

生活習慣を改善してみる

まだそれほど抜け毛や薄毛が気にならないけど分け目部分の頭皮だけがちょっと・・・という場合。

もしも普段の生活習慣、例えば飲酒・喫煙・食生活・睡眠時間などが乱れているという自覚があれば、意外と原因はそういったところにあるのかも。早い段階での抜け毛であれば生活習慣を改善することによって分け目部分の抜け毛も改善されることがあります。つむじハゲ対策をするというのであればこういった生活習慣の改善は必須。

このサイト内では生活習慣の改善による抜け毛対策についてかなりページを割いて書いていますから、参考にして改善できる部分から手をつけていくと良いでしょう。

何かかぶって隠す

カツラをかぶるということではなく、帽子とかを上手に利用してあまり分け目部分の地肌が目立たないようにするということですね。

ただしこの場合には隠しているだけですから根本的には何の解決にもなっていません。あくまでも他の薄毛解決方法と組み合わせて、その方法で効果が出てくるまでなるべく自分の頭髪を他の人に見せないという目的で使う感じです。

普段からおしゃれだと思われている人の場合には帽子をかぶっても違和感がないでしょうけど、全然そんなことに縁が無さそうな男性の場合には室内などで帽子をとった時にやはり頭に注目が集まってしまうので注意が必要。この方法を採用するというのであれば、「自分は分け目が気になるけど他人から見たらそれほどでもない」段階から導入した方がいいのかも。

とりあえず今分け目の地肌を隠すための対策

で、とりあえず今すぐ分け目部分の地肌を隠したいっていうんだったら髪型を変えるっていうのが一番手っ取り早いでしょうね。育毛するとか生活習慣を変えるっていうのは時間がかかりますから。その上で帽子をかぶっても問題なければ帽子を購入しておけばいいでしょう。

これだったら急に帽子をかぶりだしても「髪型を変えたから恥ずかしい」という理由付けができますから(ハゲ隠しだとは思われにくい)、今までの分け目部分をこうやって保護している間にじっくりと育毛・増毛に取り組むことができる余裕が作り出せるはずです。

意外とこれだけで抜け毛の悩みが解決してしまうという場合も

人によっては髪型をちょっと変えるっていうだけで抜け毛の悩みが解決してしまう場合もあるんですよね。

原因が分け目自体にあった場合

分け目を無理やり作っていること自体が地肌が露出してしまう抜け毛の原因だった場合には、分け目を変えたり作らなかったりすることで改善の兆候が出る場合も。その場合には新しい分け目で固定するのではなく、定期的に分け目を変えるとか毎日ちょっとずつずらすっていうのが効果的ですね。

特に、つむじを起点にしてガッツリ分け目を作っているという場合にはかなり危険です。何もしていなくてもつむじ周りは薄く見えているのでちょっとでも抜け毛が増えるとあっという間にハゲっぽくなってしまいます(たとえ初期段階だったとしても)。

ネット上の相談サイトとかを見てみても分かる通り、「全然ハゲてねーじゃん」って言う感じの人がつむじ周りの地肌が見えているのを気にして質問投稿しているくらいですから、本当にハゲてきてしまっている場合には結構ひどい状態になっているわけです。

自分のストレスが原因だった場合

分け目の地肌を一番気にしてみているのはやはり自分自身です。毎朝・毎晩鏡を見て地肌が見えることにほとんどの男性はショックを受けていることでしょう。意外とそういった毎日鏡を見るという行為がストレスになって抜け毛が発生しているという人もいるはずです。

外部要因でも内部要因でも、人間はストレスを感じることによって全身の血管が収縮してしまいますから、頭皮を流れている毛細血管も当然流れが悪くなるんですよね。自分で分け目の薄さを気にする度に血流を悪くしていたら、抜け毛や細毛が加速してしまうということが十分考えられます。

対策としては抜け毛のことを考えない・・・というのが一番ですが、やっぱりこれは難しいです。なので、せめて自分で鏡を見る回数を減らすようにしてはどうでしょうか。

全体的にスカスカしてきているなら本格的な対策を

分け目部分の地肌が見えるだけではなくて全体的にスカスカしてきてしまっているんだったら髪型を変えつつ本格的な育毛対策を始める必要があると思います。初期の脱毛症状だったらここに書いたような対策をどれかやることで改善できるかもしれませんが、スカスカしている場合には複数を併用して様子を見る必要があるでしょうね。

 

このページの先頭へ