つむじがハゲてきたら隠し方や育毛方法にはどんな物がある?

つむじ付近の毛が薄い、つむじがハゲてきたという場合には、周囲の目がとても気になります。何とかして髪の毛が薄くなっているところを隠して外出したいものですね。隠し方や育毛の方法にはどんなものがあるのか考えてみましょう。

ヘアカタログを探してみる


他の人にやってもらうことができるという点で、髪型を変えるというのは効果が高いと思います。美容師さんと相談したり、ヘアカタログを購入してつむじを隠せるものを見つけたりしましょう。美容師と相談する場合には「薄くなっている場所の話をするのが恥ずかしい」という人もいますけど、どっちにしろカットするときなんかにはバッチリ見えちゃってますから気にする必要はありません。

自分の顔の形によっては似合う髪型と似合わない髪型があります。大抵のヘアカタログでは顔の形やパーツに合わせて色々なヘアスタイルが紹介されているので、それも参考に。

美容室で髪型を変えるときには、「つむじを隠したい」という希望を担当の美容師さんにちゃんと伝えて相談するといいと思います。今さら美容室で恥ずかしがっていてもしょうがないです。どっちにしろ髪を切ってもらう段階でどこが薄いかなんて丸見えなんですから。

アマゾンでヘアカタログを検索すると、300冊以上の本が見つかります。メンズ用のものも数多く販売されていますし、中古品でいいなら数百円です。

髪の毛をちょっと濡らした状態で


(君も気になる部分があるのかね?)

自分でスタイリングしてつむじのハゲを隠す場合には、乾いた状態で整えるのは難しいですよね。やはり少し濡らした状態の方が形を作りやすい。もちろんビショビショの状態ではつむじの薄さは目立ってしまいますけどある程度までだったら結構ごまかせる人も多いですからね。

つむじの近くにある髪の毛を、つむじを覆うようにセットするのが一番簡単な方法でしょう。この時、分け目をいつも同じにしている人はつむじだけではなくそこからも薄毛が進行する可能性があるので分け目も変えてしまいましょう。実際はつむじ隠しですけどこれをやる時にはヘアチェンジをする気で堂々と。

ドライヤーを使う場合には、ただ撫で付けながらセットするよりも、最後に冷風を使ったほうが形が付きやすいです。風呂上りなどには温風で乾かしながら撫で付けて形を作り、冷風でセットします。女性の場合にはヘアピンを使っても簡単でいいかもしれません。

お風呂あがりのドライヤー

お風呂あがりで髪の毛や頭皮が濡れているという時は、中途半端にバスタオルで拭いて自然乾燥を待つのではなく、ドライヤーでしっかり乾かしたほうが良いでしょう。

髪の毛や頭皮が濡れたまま放置しておくことによって、濡れている部分には雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。これは抜け毛を誘発するだけでなくてニオイの原因にもなりますので次の日に「何かこの人クサイ」と思われることにもなってしまいますよ。

また、髪の毛が濡れたままにしておくと指とかに絡まって抜けてしまったり傷んでしまったりする原因にもなるので注意してください。

つむじを隠しながら育毛する

つむじを上手に隠すことができたら、後は育毛するだけ。放置しておいたらいずれつむじのハゲは拡大していって隠すことすらできなくなってしまいますからね。

基本的には育毛剤を使ってつむじのハゲを解消していくことになると思うんですけど、場合によっては成分補給用のサプリメントを使うというのも選択肢の1つだと思います。

もちろん、自分で適当にサプリメントを選んで飲めば育毛できるかといえばそんなに簡単な話ではありません。可能であればクリニックなどに通って医師の診察を受けた上で薬やサプリを処方してもらった方がいいわけですし、何でもかんでもサプリメントを買ってくれば良いということではないんですね。

頭皮の乾燥がすすむと分け目のハゲも進行する

分け目が薄くなってきて気になる人っていうのは、大抵の場合には頭皮の乾燥が進んでいることが多いです。頭皮の乾燥は紫外線の影響が大きかったり栄養補給がちゃんとしていないことなどが原因ですね。

頭皮が乾燥していることで分け目が気になるっていうのは、本来は髪の毛は頭皮からちゃんと立っている状態なはずなのに、乾燥していると髪の毛が寝た状態になってしまうからです。

髪の毛を立たせる力が本来は頭皮の中にはあるんですけど、乾燥してしまうことによってそれらの細胞が機能しなくなり、結果的に髪の毛が薄く見えるとか分け目がはっきり見えてしまうということになるんですよね。

頭皮の乾燥を防ぐには

頭皮の乾燥を防いで気になる分け目を気にならなくするためにはいくつかやらなければならないことがあります。

・毛穴をきれいな状態にする

頭皮の皮脂だったり汚れだったり、こういった髪の毛の成長にとって邪魔な物質は毎日のお風呂でちゃんとシャンプーするなどして除去してあげなければいけません(皮脂の取り過ぎは逆効果ですけど)。

毛穴が皮脂や汚れなどで詰まった状態になっていると、当然そこから髪の毛が生えてきたとしても細い状態ですよね。髪の毛が細ければ分け目やつむじは薄くて周りから見た時にもなんか気になる状態ですから。

・シャンプーの残りをちゃんと除去する

皮脂や汚れをちゃんと除去しているにもかかわらず頭皮が乾燥したり雑菌が繁殖したりする人はいます。せっかくシャンプーして頭皮も髪の毛も綺麗にしたのに、肝心のそのシャンプーが残ってしまっているという状態ですね。

皮脂や汚れ落としをシャンプーによってちゃんと出来ているわけですから、そのシャンプーの残りをしっかりすすぐことによって除去した所でようやく完了です。あまりこういった部分を気にしていない人もいますし、特に自分では見えない頭頂部・つむじ・後頭部にいつもシャンプーが残っていて頭皮にダメージを与えていることが多いのでご注意を。

・栄養補給をしっかりする

健康な頭皮と髪の毛を維持するためには当然しっかりとした栄養補給をしておかなければなりませんよね。普段からある程度食べるものに気を使うことで十分これは達成できると思います。

また、どうしても分け目が薄くなってきて気になるという場合には育毛剤などで頭皮に直接栄養分を補給することを考えてもいいかもしれません。ただし、市販の育毛剤は効くかどうかよくわからないものも多いですし、無茶苦茶な宣伝をしている商品も多いですから(捏造された口コミとか・・・)購入する時には慎重に。

髪の毛が濡れたままというのはもっと良くない

頭皮の乾燥を防ぎたいからといって、お風呂あがりなんかに髪の毛を乾かすことなくそのまま濡れた状態で放置しておくというのはもっと良くありません。

頭皮や髪の毛が濡れたままの状態で長時間過ごしていると、濡れている部分ではどんどんと雑菌が繁殖していきます。

ジメジメしている場所でカビが生えてきたり、汗をかいて拭かずに乾いたままにしておくと雑菌が増えてクサくなるのと全く同じことですね。

頭皮や髪の毛も雑菌が繁殖することによってニオイの原因になるわけですし、当然の事ながら抜け毛の原因にもなってしまうわけです。

今までお風呂あがりにドライヤーを使う習慣がなかったという人で、なんか頭のニオイが気になるとか枕から加齢臭がするなんていう場合にはちゃんと髪の毛を乾かしてから寝るように習慣づけたほうがいいですよ。

また、抜け毛の問題だけではなくて髪が濡れたままの状態になっていることで髪の毛そのものにダメージが大きくなります。これも結果的には抜け毛に繋がるものですし、男性はあまり髪の保護には気を使わないことが多いんですけどダメージヘアにしない努力は最低限必要ですね。
 

次の記事
⇒ 薄毛をそのまま放置しておくと・・・

【参考】

分け目が薄くなってきただけでは即ハゲになってしまうというわけではありませんが、抜け毛が増えているわけですから将来的にはそうなってしまう可能性が高いです。

特に、明るい場所・・・スポーツジムの鏡や高級デパートのトイレの洗面台なんかでは地肌がはっきり見えてしまうのですごく気になるんですよね。

分け目が薄くなってきた場合には早めに対策を取らなければならないわけですけど、専門家の意見を聞くために無料カウンセリングを受けるというのがかなり有効です。

○分け目が薄い人がやっている間違った対策

分け目が薄い事で悩んでいる場合の対策として、手っ取り早いのはシャンプー時にマッサージをすることではないでしょうか?分け目が薄い人とかつむじ周りがスカスカしてきている人っていうのは頭皮を触ってみるとすごく硬いんですよね。硬いというか、子供の頃みたいに頭皮を動かすことができなくなってきているんです。

頭皮マッサージとしてブラシで叩く(サザエさんの波平のように・・・)という人もいるようなのですが、ブラシで叩く場合には相当素材や叩く強さに気を付けないと完全に逆効果。硬いブラシで一生懸命叩いても、それはただ単に頭皮を痛めつけているだけですから(正直、素直に育毛剤を使った方がはるかにマシでしょう)。

できれば自分の指を使って優しく頭皮を動かすようにマッサージしてあげた方がいいと思いますね。あまり強い力は入れずに、でも頭皮が少しずつ動いていくようなイメージを持って移動させていってください。仲良くしている美容師さんがいて、その人が頭皮のマッサージに詳しいようだったら教えてもらうといいかもしれませんね。

○パソコンやスマホの使用時間が長い

あまり薄毛対策としては真剣に語られていないのが残念なことなのですが、パソコンやスマホの使用時間が長くなることで分け目やつむじ周りの薄毛が促進されるという話もあります。

結局パソコンやスマホの長時間使用っていうのは目を酷使する作業なわけで、目を酷使したがために当然食事などで摂取した栄養素が使われることになりますよね?実は、目に使われるアミノ酸っていうのは髪の毛とか肌とかを合成する元になる物質『システイン』というものなんだそうです。

つまり、パソコンやスマホで目を酷使して、その回復のためにシステインを使用すると・・・髪の毛とか肌に本来使われるはずだった栄養素が不足してしまうということに。なるべくパソコンとかスマホを使わないようにすることで目を休め、髪の毛を構成するアミノ酸を節約しておくのは分け目が薄い人の抜け毛対策としては有効でしょう。

○パソコン&スマホの長時間使用は・・・

目の酷使によるシステインの不足以外にも、パソコン&スマホの長時間使用は髪の毛に大きな悪影響を与えることになります。基本的にパソコンを叩いている時ってずっと同じ姿勢を続けていますよね?そして首が凝ったり肩が凝ったりするじゃないですか。

これって全身の血流が悪くなったり筋肉が固まったりしている状態なわけです。すると、肩や首から頭に流れていくはずの血流が悪くなります。頭の血流が悪いということは頭皮の毛細血管(髪の毛に栄養を与える血管)も当然血流が悪くなるわけで、髪の毛に必要な栄養分だったり酸素だったりを十分に届けることができなくなってしまうんですね。

パソコンやスマホを長時間使用するようになってから何だかつむじ周りの抜け毛が増えてきたとか、髪の分け目の頭皮が目立ってきたという場合にはこういった血流の問題があるかもしれません。短時間で済ませるということはなかなか難しいでしょうから、せめて15分おきに立ち上がるとかその辺を歩いてみるとか工夫をしてみてはいかがでしょうか。

○システイン不足を解消

ちなみにここで取り上げたシステインですけど、一応食事からも簡単に補給を行うことが可能になっています。魚が好きな人はイワシやカツオ、マグロなどに多く含まれていますし、野菜だったらブロッコリーや玉ねぎに含まれているんですね。最近元気が無いという人はニンニクなんかにもシステインが含まれているので上手く調理できるといいですね。

あまり馴染みがないので見たこともない人は多いと思いますが、サプリメントでもシステインは作られています。ただ、国内メーカーではシステインのサプリメントはあまり見かけませんから海外製のものを購入しているという人が大半だと思います。

 

このページの先頭へ