つむじが臭い時は放置してはいけない。女性に嫌われるよ・・・

つむじの悩みとして、薄い・頭皮が見える・髪が抜けるということの次に多いのが、なにやら臭くてしょうがないということですね。つむじから匂いがしない人は全くしないのですが、臭い匂いがする人は毎日結構悩んでいるはずです。

つむじの匂いを消すシャンプー

普段のシャンプーやリンスで匂いを消す、または臭いのもとを断つというのが一般的なつむじ臭の対策ですね。多くのつむじ臭は加齢臭でもあるのですが、頭皮に皮脂がたまった状態になってしまっているというのが多くの原因。

皮脂の詰まりが原因と考えられる場合には、皮脂の洗浄力が高いとされているシャンプーを使うと原因が解消される場合があります。抜け毛がひどい・頭が臭いなどという症状が出ている人は、頭皮をシャンプーで洗っているつもりでも実はちゃんと洗えていない(=頭皮の皮脂をちゃんと落とすことができていない)というケースが多いですから。

古い皮脂が頭皮に残ってしまっているとどうしても臭いを発してしまいますから、毎朝枕が臭いなんていう人はお風呂に入った時にちゃんと洗ってみると結構違うかもしれません。

皮脂を落とし過ぎか?とも思いますが

シャンプーの中で頭皮の皮脂をしっかりと落とせるものといえば、最近発売が開始されたものの中ではつむじハゲ対策のプロテクヘッド。皮脂の落とし過ぎというのは逆に抜け毛の原因になるという説もありますが、薄毛になっていないという人はとりあえず気にしなくてもいいでしょう。

プロテクヘッドは、使用後にとにかく頭がスースーします。頭皮についた汚れと皮脂がこれでもかってくらい落とされてしまう感じです。普通のシャンプーからプロテクヘッドに変えるとかなり違和感を覚える感じですね。皮脂の残り具合が気になっていたり、皮脂が匂いの原因だという場合には使ってみてください。

朝シャンしてみる

つむじから匂いがするという場合には、外出したときに他の人が気づいていないか気になるというのが悩みですよね。夜にお風呂に入ってちゃんと髪と頭を洗ったつもりでも、時間が経って夕方くらいになると自分でも気になりだすという場合が多いです。

そこで、夜頭を洗うのではなくて朝シャンしてみるというのはどうでしょうか。

根本的な解決策がなかなか見つからないという人の場合には、なんとかして匂いがする時間を遅らせる、というのが次善の策。他人に気付かれなければとりあえずいい、というのであれば、朝シャンするのが手っ取り早い解決策だと思います。朝晩2回シャワーを浴びるというのは結構面倒くさいと思うんですけど、一日中つむじが臭い状態で外を歩き回ることと比較したら我慢できるんじゃないでしょうか?

ちゃんと乾かしてますか?

髪の毛や頭皮が濡れたままになっていて、ちゃんと乾かしていないことがつむじが臭い原因になっている場合もあります。

例えば脇の下からニオイがするっていうのは、あれは脇汗をかいた後に放置してしまい、そこで雑菌が繁殖してしまうために強烈なニオイを発するようになるんですね。

 
それと同じように、お風呂あがりなんかに髪の毛や頭皮を濡れたままドライヤーを使わずに自然乾燥させようとすることでつむじだけではなく頭全体が臭ってしまうということがあります。

何となくドライヤーを使うと髪の毛や頭皮を痛めるイメージがあるという人も多いようなのですが、結局それは使い方の問題です。

・あまり近づけすぎない
・強風でやり過ぎない
・高温でやり過ぎない

これらのことにさえ気をつけていれば、ドライヤーでちゃんと髪の毛を乾かすというのはにおいの問題だけではなく抜け毛の防止に繋がるはずです。

そもそも、髪の毛が濡れたままだと服や指、あとは枕なんかに引っかかって抜けてしまう可能性もありますから、ちゃんと乾かさないで放置しておくというのは全くメリットがないんですよね。

 
女性の場合にはお風呂などで髪の毛が濡れた後には絶対にドライヤーを使って髪の毛を乾かす習慣があるわけですが、男性の場合には「そんなに髪が長くないから別にいいだろう」と考えて、あるいは面倒臭がってドライヤーを使わない傾向にあります。

これは結局習慣の問題なんですけど、髪の毛の悩みを抱えているんだったらドライヤーは使ったほうがいいですよ。歯磨きと一緒で慣れれば毎日何も考えずに乾かすことができるようになりますから。

 

このページの先頭へ