石鹸シャンプーが泡立たない・・・と悩むあなたへ

つむじなどの抜け毛が気になって石鹸シャンプーを使いはじめる男性も結構多いと思うんですけど、実際に使用してみると普通のシャンプー剤とはかなり違う部分があるので最初は戸惑うはずです(私もそうでした・・・)。

特に困るのが、「石鹸シャンプーは全然泡立たない」ということですよね?

そもそも、石鹸シャンプーは泡立たない

大前提として、石鹸シャンプーは泡立たない・・・というか、泡立たないように作られています。

我々が普通のシャンプーではなくて石鹸シャンプーを選ぶ理由の一つとして「髪の毛や頭皮に悪い成分が入っているものは使いたくない」というものがあるわけですが、泡立たせるための成分も結局は髪や頭皮に悪い可能性がありますよね。

だから、石鹸シャンプーにはそういった成分が一切配合されていないので、どう頑張っても通常の市販シャンプーのように泡がモコモコ出るなんていうことはないわけです。

髪を洗う意識よりも頭皮を洗う意識で

確かに、泡立ちが良いシャンプーというのは使っていて気分がいいし髪の毛も洗いやすいです。

しかし、石鹸シャンプーの場合には正直いって髪の毛がキシキシ言ったりして洗いづらいんですよね。

ですから、髪の毛を一生懸命洗うというよりは頭皮の汚れをしっかり落とすイメージで洗ったほうがいいような気がします。

まぁ、キシキシ感が強くてしっかり洗ったり長時間洗ったりということは難しいんですけどね。その後に使うクエン酸リンスなんかもちゃんと効果が出ているのかどうかわからないくらい髪の毛がキシキシすることも多いですし・・・。

泡立ちが悪くて石鹸シャンプーをやめてしまう人も多い

なんか使い心地も悪いし、石鹸シャンプーにしたからといってすぐに髪の毛が生えるというわけでもないので、せっかく買ったのに1本を使い切ることもなく元のシャンプーに戻してしまうという人も結構な割合でいるようです。

もちろん継続して使用するというのがストレスになってしまうというならやめてしまって他の方法でつむじハゲ対策をした方がいいでしょうし、無理して使い続ける必要はありません。

何だかちゃんと洗えているのか不安になることもあるわけですし、風呂あがりに髪の毛に触った感じがどうしても馴染めない・・・という人も多いでしょうから。

普通のシャンプーに戻すならちゃんと泡立てましょう

そういった理由で普通のシャンプーに戻すのであれば、その場合にはちゃんと泡立てて頭皮と髪の毛を洗いましょう。

男性で特に多いのはボトルから出した原液をそのまま頭皮や髪の毛につけてから泡立てるタイプです。

確かにこの方が楽といえば楽で泡立てやすいのですが、知っての通り市販の安いシャンプーには頭皮にダメージを与えて抜け毛を促進してしまうような成分が入っている可能性が高く、原液の状態で頭皮に触れてしまうのはあまり良くないでしょう。

面倒くさいかもしれませんが、ボトルから出した後は手のひらでしっかりと泡立てた上で、指先で洗うのではなく大量の泡に「洗わせる」ようなイメージで洗髪していってください。

【参考】

抜け毛が多くなって髪の毛が後退してきたという場合には、隠すか、増やすかのどちらかの選択肢しかありません。隠すという場合は抜け毛が増えていくというのを諦めて簡単な対処法にするということですし、増やすというのはやはり結構大変なので努力がそれなりに必要にはなります。

○隠すという選択肢

色々と育毛や増毛の方法を試してみて全然効果がなかったとか現在増毛中だけど生えてくるまでの間の期間を何とかカバーしたいとか、そもそも自分がハゲていくのをもう諦めているという場合には髪の毛の生え際が後退していっているのを上手に隠す必要があるわけです。

初対面の相手ではなくても、誰か他の人に会った時に最初に目が行くのは顔と髪の毛なんですよね。どんなにファッション好きのファッションオタクであっても、最初は髪の毛。それからファッションを気にするというわけなんですが、今まで髪の毛がフサフサしていた人が何となく髪の毛が薄くなってきて後退しているように感じたらそれどころじゃないですよね。

 
もっとも、男性相手だとか仕事上の付き合いとかだったらそんなに深刻に気にすることではありませんし、場所的にそもそも上手く隠すということが無理だったりもします。

問題は、女の子相手の時。結局、男が髪の毛を気にする・抜け毛を防ぎたいというのは「女の子にモテたい・嫌われたくない」というのが一番の理由です。これは独身でも既婚者でも全く同じことですし、年を取っていても「若い部下に気に入られたい」と考えている人はたくさんいるわけですから。

○帽子でハゲを隠すと・・・

ハゲてきた時・生え際が後退してきた時に帽子をかぶって簡単にハゲ隠しをしようと考える男性は多いのですが、色んな面で逆効果になってしまうことが多々あるんですよね。

○急に帽子をかぶるのが不自然

今までファッションのファの字も興味を持っていなかった男性が、ある日突然帽子をかぶり始める・・・というのは周囲の人から見て(特に女性から見た場合には)不自然に感じるんですよね。男性同士だったら「あぁ、奴もついに来たか・・・」ということでスルーしてくれる場合もありますけど。特に父親・祖父なんかにハゲが多くて将来的な遺伝による抜け毛を心配している場合には。

⇒ 祖父・父のハゲはやっぱり遺伝するのか?への回答

年がら年中帽子をかぶっている人っていうのはやはり異性から見ても何だかおかしいと思うわけですし、室内でも帽子を取らない・食事中にも帽子を取らないというのはやはり見ていて「あれ?何だこの人は」と思われる可能性が高くなります。

○帽子をかぶったことで変に勘ぐられる

女性には抜け毛で悩んでいる人がそんなにいないですから、あなたが突然帽子をかぶって現れたことに対して反応してくれちゃう女の子もいることでしょう。「あれ~?どしたの~?」って。

それが気になっている女の子や好きな女の子だとしたらもう最悪ですよね。抜け毛が最近多くなって髪の毛が後退していることを一番知られたくない相手に勘ぐられているわけですから。何か上手な言い訳を考えておかないと上手く乗り切ることができないと思います。

特にですね、育毛剤を使っている場合なんかには何かの拍子で家に女の子が来ることになった場合に発見されてしまったら最悪です。絶対見つからない場所に普段から隠しておくとか、見つかっても育毛剤だとわからないタイプにしておくべきでしょう。

○室内でも帽子をとれなくなる

ハゲ隠しのために帽子をかぶっているわけですから、いついかなる時でも帽子を脱ぐわけには行きません。だって脱いだら髪の毛が後退してきていることが周囲にバレてしまうわけですからね。

食事中だろうが何だろうが、大学生だったら講義中であっても脱げません。ところが空気を読めないクズがやっぱりいるんですよね。たいていフサフサで将来の髪の毛の心配が何も無さそうなクズが。

「おめー部屋ん中で何帽子かぶってんだよ~」
「カッコつけてるんじゃねぇよ~」
とかって。大学だったらゴミ教授が
「そこ!講義中は帽子を取りなさい!」
とかって大音量マイクで注意された挙句周囲に注目された状態でハゲを晒すという公開処刑に・・・。

そう考えると、何とかしてハゲ隠しをしようという努力は大抵が無駄なことになる可能性が高いです。やはり薄毛というのは隠してどうにかなるものではなく、何らかの方法で改善していく必要があるというわけなんですね。

 

このページの先頭へ