女性の抜け毛の原因とは。特に陥りがちな美容の罠

女性の抜け毛の原因は?

女性でも男性でも年令を重ねていくと抜け毛に悩まされるようになる人が多いのは同じことなのですが、男女間で比較をしてみると髪の毛が抜けてしまう原因というのは結構違うんですよね。

この点については抜け毛の進行具合に目を向けてみるとわかりやすいのですが、男性の場合には頭頂部がとにかくツルッパゲになってしまったり、ドラゴンボールのベジータのようにM字型にハゲてしまったりすることが多いのに対して、女性の場合には徐々に徐々に頭頂部から薄くなってきてしまう・・・というケースが多いです。

加齢による脱毛症が多い

男性の抜け毛の原因として最も多く見られるのは、男性ホルモンの影響。

それに対して女性の場合に抜け毛の原因として多いのは加齢によるものが最多だと考えられています。

 
男性は、男性ホルモンが過剰すぎてハゲてしまうのですが、女性の場合には男性ホルモンが過剰になって髪の毛が抜けるというよりも加齢によってホルモンバランスが崩れてきたために男性ホルモンの影響を受けてしまうという感じですね。

女性のホルモンバランスが崩れやすくなるのは、やはり更年期障害の症状が出てくる年代です。

めまいや火照り、苛立ちなどの症状が体に現れてくる頃から抜け毛が増えたり頭皮が薄っすら見えるようになったり・・・ということが多いです。

ですから、女性用ウィッグ(要するにカツラですね)のコマーシャルではこの年代のモデルを起用して宣伝を行っていることが多いわけです。男性用育毛剤では20代から60歳過ぎまで幅広く起用しているのとは大違いですね。

朝シャンのし過ぎで髪の毛が抜ける?

もちろん、ホルモンバランスが崩れるということ以外にも女性の抜け毛の原因は存在します。特に、美容維持を強く意識している人には逆に問題が発生しやすいです。

例えば、若い世代で多いのが朝シャンのし過ぎで髪の毛が抜けやすくなってしまっているというもの。

医学的にはあまり朝シャンというのは推奨されていなくて、その大きな理由が「シャンプーすることによって一時的に頭皮の防御機能が落ちてしまう」ということです。

 
頭皮の防御機能というのは要するに皮膚から分泌されている皮脂ですね。

皮脂自体は女性の美肌ケアの敵というように考えられているので、洗顔したり脂取り紙を使ったりと徹底的に体から除去されてしまう運命なのですが、頭皮を保護するという意味では紫外線やホコリなどのダメージから守ってくれている物質でもあるわけです。

ところが、朝シャンした場合には頭皮の皮脂が全部消えてしまっている状態ですから、日中に紫外線などから頭皮と髪の毛の根元を守ることができなくなってしまうということに。

皮脂が回復してバリア機能が出てくるのは朝シャンした場合には夜になってからですから、これでは意味がありませんね。

 
その他に若い世代でありがちな抜け毛の原因としては、過度なダイエットが挙げられます。

女性であれば誰でもほっそりした体型を手にして維持していきたいという気持ちはあるわけなんですが、体重のことばかりを気にして体が栄養不足になってしまうと真っ先に影響を受けてしまうのが髪の毛なんですね。

内臓などは直接生命活動に関係するので少ない栄養はそちらに振り分けられ、失っても生命に直接影響しない髪の毛は体の機能としては放置されてしまうわけです。

男性用・女性用で育毛剤は違う

女性と男性で抜け毛の原因は全く違うわけですから、対策としてよく使われる育毛剤でも同じものを使ってはいけないということになります。

特に、強力な育毛剤の場合には副作用が出るものがあるために女性が絶対に使ってはいけないとされているものもあるんですね(例えば、有名所で言えばプロペシア)。

 
何でもかんでもとにかく髪の毛が生えさえすればいい・・・という考えで育毛剤に手を出してはいけないというわけです。

男性用の育毛剤は全部旦那に使わせ、自分は女性専用の育毛剤を使う、ということにしないと大変なことになる場合もありますよ。

女性の髪の毛が薄くなるのにはいくつかの理由があります。

男性ホルモンが増加している

男性ホルモンの量が増加している、または女性ホルモンの量が低下していると抜け毛が増加する可能性が高くなります。男性型脱毛症と同じような状態になっているということですね。

男性ホルモンの多さが原因となって抜け毛が発生するというのは男性だけだと思っている人は多いですが(『男性』ってついてますからね)、別に男女関係なく男性ホルモンの悪影響は出てきます。女性だからといって男性ホルモンから来る抜け毛の心配をしなくて良いということにはなりません。

女性であってもすべての人が男性ホルモンを生産しており、何らかの原因で男性ホルモンが作られる量が増えてしまうとつむじ周辺などの抜け毛が増えてしまいます。最近は男性女性共に食生活や日常環境なども変化してきていますから、そういった影響で男性ホルモンの生産量が多くなってしまっている女性もいるということでしょう。

最近の育毛商品っていうのは男性だけではなく女性にもちゃんと効果が出るように考えて作られていますので、育毛剤は男性のもので、女性のハゲ隠しにはカツラ、なんて考えはもう古いです。

そもそも女性用のハゲ隠しカツラってどっちかっていうとファッション目的に近い考えで作られていると思います。百歩譲ってもせいぜい「頭頂部のボリュームを増やしましょう!」くらいにしか考えられていないんですよね。真剣に抜け毛とかハゲとかで悩んでいる女性用の商品っていうのはあまりテレビCMなんかでも見ることがありません。

女性心理としてはやはりコマーシャルで抜け毛予防だとか育毛商品だとかが宣伝されていても家族の前では飛びつきにくいっていう理由もあるのでしょう。

頭皮の血行が悪い


頭皮の血行が悪い人も抜け毛が多くなりがちです。普通の頭皮の色とは異なり赤っぽくなっているのであれば、血行不良を起こしていると考えていいでしょう。

とにかく女性の場合にはほんの少しのことでホルモンバランスが崩れます。特にダイエットを原因とした栄養不足。何でもかんでも女性だったら痩せていればいい、っていう風潮になっていますからね。とにかく食事を減らして運動を増やしてダイエット、という感じに皆がなってしまうのはしょうがないことだと思います。

痩せようとして食べる量を減らした結果、頭皮や髪にも充分な栄養素が行き渡らなくなって薄毛が進行する、というのが一番怖いですね。もちろん、男性のダイエットであっても同じことです。

ダイエットする時でも栄養のバランスをしっかりと

上記のような理由から、夏に向けて急いでダイエットしたい!というような時であってもそれなりに栄養バランスを考えて食事を摂らないと身体だけではなく髪の毛までもダイエットしてしまうことになりかねません。下手すると身体は痩せなかったけれども抜け毛が増えて髪の毛自体も細くなってしまった、なんていうことに。

ある程度摂取カロリーを削るっていうのは問題無いと思うんですけれども、食事量を減らした結果ビタミンとかミネラルの量まで減らしてしまったという事のないように食事計画を練っていきましょう。

ダイエット中の落とし穴

最近はダイエットと抜け毛に関する情報でも多くのことが知られているので、極端に食事制限をしたりして抜け毛に悩む・・・という女性は比較的少なくなってきているのではないかと思います。

しかし、中には食事の制限はそんなにキツくしていないけれども水分量を制限している女性がいるんですね。

確かに水分を削るというのはダイエットする中で体重を減らしやすい部分ですし、減量を始めた時に大きく体重が減るのは脂肪ではなくて水分が減った分ですのでどうしても水分の摂取量を減らしたい気持ちになるのもわかります。

ですが、水分を減らすことによって血流が悪くなりますし(頭皮の血行も当然悪くなる)、髪の毛や頭皮が乾燥してぱさつくことによって抜け毛の原因にもなるわけです。

 

髪の毛を何とかしたいというあなたへ

過去に育毛剤を使ったけど効果がなかったとか、抜け毛が気になっているけど病院に行くのはちょっと・・・などと思っていた人でも増毛に成功した秘密。

・今だけ無料でカウンセリングが受けられる
・相談内容については秘密厳守
・インターネットから予約申込が可能
・予約の結果についての連絡は電話・メールの選択が可能
・相談後に実際の治療を受けるかどうかは自由

⇒ 薄毛治療・抜け毛治療の【ヘアメディカル】

このページの先頭へ