育毛サプリメントの効果はどのようなものか。よく使われる成分は?

主な育毛サプリメントの成分と効果は?

薄毛に効果があるとされている主な育毛サプリメントに配合されている成分と効果についてここでは紹介していきます。

どのサプリメントを購入したらいいのかわからない、という場合には成分の主な効果について読んでみて、自分に必要だと思われる成分が多く配合されているものを選ぶと良いでしょう。

【亜鉛】

人間の体内では製造することができないミネラルなので、食事やサプリメントによって補給する必要がある成分です。

亜鉛を補給すれば必ず髪の毛が生えるか?というと100%の保証があるわけではなくて、効果が出やすい人と全く出ない人に二分されますね。

そのため、確実性が低いということで公的機関からの発表では「亜鉛が育毛を促進するものではない」というように書かれています。

【ノコギリヤシ】

男性ホルモンの過剰分泌が抜け毛や薄毛の原因の一つになってしまっているわけですが、この男性ホルモンを抑制する効果があるとされているのがノコギリヤシです。

もしもあなたの薄毛が男性ホルモンの過剰分泌によって発生しているものであれば、ノコギリヤシ配合のサプリメントで効果を得られる可能性はあるでしょう。

大きなメリットとしては、ノコギリヤシが天然成分であるために医薬品のような副作用が発生する心配がほぼ無いことがあります。

 
ただし逆に、医薬品ではないためにプロペシアなどに代表される育毛剤と比較すると効果も薄く即効性も弱いということがあります。

【カプサイシン】

いわゆる辛味成分が髪の毛に効果があるとされて一時期多く採用されていた成分なんですが、最近は配合しているサプリメントはあまり多くありません。

亜鉛を中心に配合している育毛サプリメントが多い

最近の育毛サプリメントでは、亜鉛を中心に配合しているものが非常に多くなってきています。

上で書いたように亜鉛の効果については出やすい人と出ない人がいるわけなんですが、もしかするとこれは「全く亜鉛を摂取できていなくて髪の毛が抜けていた」人には効果が出やすい、ということなのかもしれませんね。

育毛サプリメントに頼らずに何とかする方法は?

基本的に、育毛サプリメントというのは医薬品ではありませんから飲んですぐに効果が出るというものではありません。

ノコギリヤシのところでも触れましたが、効果が出るのに時間がかかってもいいからなるべく副作用を起こしたくないというのであれば育毛サプリメントを、副作用覚悟で短期間で薄毛を解消したいというのであれば医薬品を使うというのがベターな考え方でしょう。

 
育毛サプリメントも医薬品も使わないというのであれば、生活習慣を改善するとか育毛シャンプーを使うということになるのですが、生活習慣の改善というのは口で言うのは簡単ですが非常に大変ですよね。

ある意味では育毛サプリや医薬品というのは食生活などで摂取しにくい成分を直接補給する作業ですから、それを普段の食生活で全てカバーするというのは至難の業です。

ただし、サプリや医薬品を使う場合でも日常生活での悪い習慣は直していかなければならないのは当然です。いくら有効な成分を補給しても、それ以上に生活が乱れていて抜け毛の原因を自分で作ってしまったら何の意味もありませんよね。

目指すのはプラスマイナスゼロで現状維持ではなく、失ってしまった髪の毛をもとに戻して頭皮を隠すことでしょうから・・・。

 
また、育毛シャンプーなんかは一時期CMも非常に多く流されていて流行りましたが、もう完全に廃れてしまったような感がありますね。

まぁ・・・シャンプー程度で髪の毛が生えるというなら誰でも使うわけですし、誰も使わなくなってしまったという結果が「どのくらいの効果があるのか?」ということを如実に表しているといえるでしょう。

食事と睡眠と抜け毛

睡眠時間を確保する上で一つ問題になるのが、夕食時間との関係です。食事は当然しっかりとビタミン・ミネラルのことも考えて取るのが頭頂部やつむじのスカに対してはいいわけですし、睡眠時間もタップリと確保するのが一番なわけです。

ところが、仕事をしていると夕食の時間は当然遅くなりますし、睡眠時間を確保しようと思ったら食べたらすぐ寝ないとダメだったりします。ここで、食べてすぐ寝ると消化不良になりやすくなってしまうという問題が発生するんですよね。

食事をしてからすぐに寝てしまうと胃の働きが弱くなってしまうので消化不良だったり胃もたれだったりという症状を起こしやすくなってしまいます。

この問題についてはなかなか適切な対処法がありませんから、睡眠時間をちゃんと確保するんだったら夕食の時間を何とか前倒しできるよう工夫してみるということしか取れそうな対策がありませんね。

仕事をしていて夕食時間が遅くなっているというのであれば、ちょっと間食的に栄養補給をすることによって夕食の量を減らし、寝る時間までの消化に余裕を持たせてあげるというのも一つの方法かもしれません。

食事制限と抜け毛

生活習慣とはちょっと違うかもしれませんが、20代や30代の男性だったら体型を気にしてちょっとダイエットしてみようと考えることもあるでしょう?そういった時に行う食事制限が原因となって頭頂部のスカスカやつむじハゲが発生することもあるんですよね。

基本的にダイエットっていうのは体が必要とするカロリー量よりも少ない摂取量にすることで実現できるわけなのですが、カロリー摂取を抑えることによって育毛や増毛のために必要な栄養素をちゃんと確保することができなくなる場合もあるわけです。

カロリーを削ることによってタンパク質やビタミン・ミネラルが不足し髪が生えたり伸びたりする作用に悪影響が出てきます。

 
普通の生活の中で食事をしている時よりも、ダイエットで食事制限をしている時にはより綿密な栄養素計算が必要になってくるというわけなんですよね。

場合によってはビタミンやミネラルを摂取するためにサプリメントなんかを利用するのも仕方ないと思います。ただ、普段からサプリメントを飲む習慣がなかった人の場合には飲み忘れとか面倒くさくて飲まないということにもなりがちなので注意が必要です。

もっとも、サプリメントを飲むという選択肢があるんだったら(例えばAGAで悩んでいる場合には)育毛用の医薬品サプリメントを飲んだほうが直接的な対策になりますけど。

⇒ リスク無し・無料で薄毛治療のカウンセリングを受けられるクリニックを紹介

頭頂部スカスカになる食生活

頭頂部やつむじがスカスカになりやすい生活習慣として、食べ過ぎや飲み過ぎっていうことがあります。前の項目でダイエットでの食事制限による栄養素不足の話をしましたが、今度は摂取し過ぎによる抜け毛の話ですね。

とにかく太ってしまうような食生活は避けたいわけですが、その中でも気をつけたいのが脂肪分やコレステロールの過剰摂取。外食が多い20代の男性や30代の男性は特に注意したいですね。脂肪分をたくさん摂ってしまうことで体の毛穴から分泌される皮脂も当然多くなってしまうわけで、毛穴が詰まってしまったり脂で汚れやすくなってしまったりすることで髪の毛が生えないとか伸びないという結果を招きます。

お酒が大好きな人とか付き合いで毎晩飲まなきゃいけない人なんかも要注意です。アルコールの過剰摂取が髪の毛に直接作用するとかって言うことではないんですけど、お酒をたくさん飲むことによって肝臓の負担が大きくなってしまいます。

肝臓では髪の毛に必要な成分を作ったり供給したりという活動が行われているわけなのですが、お酒の飲み過ぎによってアルコールの分解に一生懸命になってしまい、髪の毛のことは放ったらかしにされてしまうというわけなんです。

この肝臓の機能低下(あるいは肝臓の働きすぎ)による抜け毛の発生というのは男性だけに限ったことではなくて、女性であっても同じように脱毛につながるものですから注意したほうが良い部分ですね。

脂肪を摂らずにたんぱく質を

髪の毛が成長していくのに必要な栄養素としてたんぱく質が非常に重要なんですが、たんぱく質を全て肉類から補給しようと考えるとどうしても上の項目で述べた通り脂肪分の過剰摂取によって皮脂の分泌が多くなってしまいます。そこで、ある程度のたんぱく質を肉類以外から摂取することも是非検討してみてください。

例えば豆腐などの豆類とか。健康のことを考えて肉の割合を多少魚に移すっていうのもいいでしょう。どうしてもお酒がやめられないっていうのならおつまみのお菓子の代わりにビールに合うような枝豆を。抵抗がなければ毎日一杯豆乳を飲むっていうのでもいいかもしれませんね。

とにかく肉類に偏りがちっていう人は、たんぱく質の補給源をちょっと変化させてみることで髪の毛にも変化が現れるかもしれません。特に夕方になると頭皮がベタベタしてくるっていう人には効果が高いと思いますよ。

 

髪の毛を何とかしたいというあなたへ

過去に育毛剤を使ったけど効果がなかったとか、抜け毛が気になっているけど病院に行くのはちょっと・・・などと思っていた人でも増毛に成功した秘密。

・今だけ無料でカウンセリングが受けられる
・相談内容については当然秘密厳守
・インターネットからカウンセリング予約申込が可能
・相談後に実際の治療を受けるかどうかは自由
・東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄の店舗で受けられます

⇒ 4ヵ月で99%の発毛実感率!【ヘアジニアス】

このページの先頭へ